【ニュース&カルチャー】 2018.01.12 (Fri)

タカラヅカと阪急モダニズム伝説

小林一三『逸翁自叙伝』


 阪急電鉄や宝塚歌劇を創業した小林一三の伝記を読みました。(小林一三『逸翁自叙伝』、伊井春樹『小林一三は宝塚少女歌劇にどのような夢を託したのか』など)
 当時田んぼしかなかった大阪郊外に鉄道を敷いて、モダンな住宅街や娯楽・文化施設をプロデュース。日本初の「田園都市文化」をつくりあげた大実業家。
 開発の過程で次々と持ちあがる問題の数々。それを逆手に取って飛躍のバネとした「逆転の発想」伝説にワクワクさせられました。

■ ■ ■

 ――20世紀初め、日露戦争後に進んだ工業化・都市化の時代。「煤煙と俗塵」の都市部を離れて、大阪郊外に鉄道を敷こうという事業計画に小林は参加する。1910年、阪急電鉄の前身 「箕面有馬電気軌道」 社。
 はじめはその名のとおり、箕面(みのお)と有馬温泉という2大観光地への開通が目的だった。ところが六甲山系の工事難航や日帰り客の増加を恐れた有馬の宿々の反対などで、計画は途中の宝塚までで止まってしまう。

 当時の宝塚は地域の温泉街として賑わってはいたものの、鉄道の終着駅を背負って立つには頼りない規模だった。そこで小林は、今でいうアミューズメント・テーマパークをプロデュースして新たな客層の開拓をもくろむ。目玉がなければつくればいい。のちの「宝塚ファミリーランド」として長く親しまれた新時代の温泉施設には、遊園地や動植物園、劇場、室内プールなどが設けられ、一躍人気の観光スポットになる。

■ ■ ■

 もちろん、田んぼだらけと笑われていた沿線一帯も放ってはおかない。町がないならつくればいい。安い田んぼを買い占め、住宅地に造成して分譲。若い勤め人でも買えるよう、一般向けの「住宅ローン」を導入したのもこの時が日本初だった。
 モダンな文化と静かな自然が同居する街並は、新しもの好きな若い中産階級の心を見事にとらえる。かの手塚治虫の父祖もそう。手塚作品の自由でハイカラな世界観は、まぎれもなく進取の気風に富んだ両親と阪急沿線の街並がはぐくんだものであった。(ぼくが阪急文化に興味を持ったのも、手塚の人間形成史が入口でした。)

■ ■ ■


 そして、鉄道開通の翌1911年にオープンしたアミューズメントパーク 「宝塚新温泉」。
 しかし日本初の(に近い)室内プールは、地下水をくみ上げただけだったので水が冷たくて不評(温泉が出なかった?)。そこで水を抜いた水槽を客席に、プールサイドを舞台にしつらえ、募集した少女たちに歌舞を演じさせることにする。失敗をも取りこむ逆転の一手が、「タカラヅカ」誕生の瞬間だったというわけだ。1914年初公演。
 (急きょプールを劇場につくりかえた、というのは有名な「発想の転換」伝説だが、実際はシーズンオフには劇場にするつもりで初めから設計していたのではないか。そうでないと「水が冷たい」のも分からないなんてお粗末な話だから。
 実際、少女たちは早い段階から集められ、訓練されていたそうだ。少女劇団は大好評で、プールはそのまま廃止になったことは事実。)


 少女たちの指導には著名な音楽・演劇人が招かれ、ゆくゆくは男子生徒も加えて日本初の本格オペラ歌劇場をつくる構想もあったそうだ。ただし阪急・小林にとってはあくまで集客のための娯楽事業であったため、さすがにこれは叶わなかった。その代わり、世界でも類を見ない女性だけによる歌劇団が生まれ、この一地方都市に人々を引きつけるキラーコンテンツとなっているのはご存知のとおり。

■ ■ ■

 かくして、郊外に新しい住宅地と文化を形成する「田園都市」文化はその後、東京の田園調布など日本各地に広がっていく。

 あともうひとつ付け加えるなら、阪急宝塚線もう一方の起点である大阪・梅田駅には「阪急百貨店」が開業。黙っていても人が集まるターミナル駅に大型商業施設を置くという発想も、当時としては画期的なものだった。
 阪急宝塚線はそのふたつの起点で、そして途中の駅々で、それぞれ日本の新しい文化を切り拓いたのである。

■ ■ ■

 ――以上が(阪急社員でもないのに)かいつまんでまとめた阪急創業史です。元からあるカネのなる木にただ乗っかるだけならつまらない。客がいなければつくればいい、文化がなければつくればいいという大胆な発想にこそ感心しきりでした。
 これがどこまで小林一三ひとりのアイディアによるのかは分かりません。個人をヒーロー視するのは簡単ですが、実際は多くの頭脳から絞り出されたビジョンの集約であっただろうし、それが近代ビジネスというもの。だとしても、「阪急モダニズム」という響きとそこから生み出された文化遺産は、今も大きな憧れをもって人々をひきつけているのは疑いないでしょう。

 
関連記事
20:02  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  NBA】 2018.01.07 (Sun)

【NBA2017-18】 スパーズ前半戦

SAスパーズ

 米プロバスケNBA2017-18シーズン、ひいきのサンアントニオ・スパーズの前半戦について――。


 ≪エース組≫
 エースのクワイ・レナードが昨プレイオフでの故障が長引いて出遅れ。12月に何とか復帰できたが完調とは言いがたい。彼個人に頼るのは組織型のスパーズにとっても健全だとは思えないので、無理せずじっくり治してほしい。
 一方で、その穴を埋めた若き頭脳派カイル・アンダーソンの成長がうれしい。こういう縁の下の「何でも屋」は、歴代の優勝チームに必ずいた才能だ。通好みの地味な存在ではあるが、往年の名脇役R・オーリーやB・ディアウの後継を歩んでほしい。

 守備職人にして3ポイント砲手ダニー・グリーンは、ひどすぎたここ数年のシュート・スランプから少しは復調したか。ただし平均得点2ケタには乗せてくれないと。役割の似るレナードが復帰したこれからが正念場。


 ≪フロントコート≫
 レナードと並ぶ二枚看板ラマーカス・オルドリッジは、エースらしく平均20得点超。ただし今季はインサイドの層が薄くなったので(D・リーが引退、D・デドモンとJ・シモンズが移籍)、本来これくらいやって当然。
 移籍2年目の大ベテラン、パウ・ガソルもベテランらしく安定しているが、年俸15億円は多い。同額でふたり雇えるならそっちを選びたい。

 ほか、点取り屋として鳴らしたルディ・ゲイが新加入。組織型チームに個人プレイヤーの補強は意外だが、ベンチから流れを変える攻撃手として、オジサン優等生チームにはいい刺激になっている。本来はSFだがPF兼任として「スモール・ラインナップ」時代のインサイドも任されている。
 同じく両フォワード兼任として、ラトビア代表の2年目ダーヴィス・バータンズも控える。「個」より「組織」に向いた典型的な欧州型プレイヤー。まともな戦力になるのはもう少しかかるか。


 ≪バックコート≫
 キャリアの最晩期にある2大レジェンド、トニー・パーカーマヌ・ジノビリは、時々休場しながら出場20分&得点10点弱。「チームの1ピース」に身を退いてうまく老いと付き合っている。ただしいつまでも彼らが目立ち、頼られているようではダメ。
 先発・控えどちらでも頼れるパティ・ミルズは、正PGのパーカーに代わって大事を任される場面も増えてきた。そのまま先発の座を奪うくらいの気概を見せてほしいとも思うが、楽天的で欲のない性格は彼の良さ。今までどおり控え組 「“セカンド・ユニット”の司令塔」 として、球団は正PGの後継探しにつとめたほうがいいのだろうか。

 第3の司令塔デジョンテ・マーレーとシューターのブリン・フォーブスの若手2年目コンビが、これまで全試合・一定時間に起用されているのは明るい。まだ未熟な彼らだが、あえて先発に抜擢されることで伸び伸びと経験を積んでいる(チームにとっても先発組と控え組の力量が均等になる)。まずは目の上のパーカー&ジノビリの数字超えを。大先輩に引導を渡すくらいが恩返しだ。


 ≪総評≫
 レナード以下、入れ替わりで故障者続出でも勝率6割台はさすが、グレッグ・ポポヴィッチHCの名やりくり・名采配。移籍組の穴を埋める若手の底上げは着実・堅実で、そのへんもさすがの球団運営だが、おもな補強がR・ゲイひとりでは話題や勢いに欠く。

 平均失点こそ今季も100点未満でリーグ首位だが、得点力はレナード不在が祟ってリーグの下半分グループに沈む。試合巧者の老獪さや威圧感は失せ、逆に2ケタ点差敗戦の試合数は'17年内で昨季の総数に並んだ。

 総じて現状維持がやっとのところ。大型補強のロケッツ、ウォーリアーズ、キャヴァリアーズらライバルたちには取り残された印象で、今季の優勝は厳しいだろう。復帰のレナードに無理強いができない以上、今からでもひとつ大きな爆弾補強を願いたいところだ。(・・・去るオフに噂された名司令塔C・ポールの獲得。30過ぎの超大物より若手獲得・育成のほうがスパーズらしいのにとあまり前向きに感じなかったが、今となっては惜しまれるくらいだ。)

 
関連記事
09:21  |    NBA  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【★特別企画★】 2018.01.01 (Mon)

あけまして2018戌年

(「フランダースの犬」パトラッシュ)
パトラッシュとネロ



 あけましておめでとうございます!
 いぬ年だけど何も思い浮かばないので、とにかくいろんなワンちゃんの絵をかきました。
 はなはだ簡単ではございますが、今年もよろしく!


 
(ワンワン=チョーさん還暦)
ワンワン還暦

(ウナギイヌ)
ウナギイヌ

(シナモロール)
シナモロール

(犬神家の一族)
犬神家の一族

(アンパンマン チーズ)
チーズ


チーズ(顔交換)

 
関連記事
15:00  |  ★特別企画★  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【画像一覧】 2018.01.01 (Mon)

2018年1月の画像一覧

≪2018年1月の画像一覧≫

テレサ テン - Google 検索
Googleでテレサ・テン生誕記念


ホガース『ジン横丁』
雪の夜は飲んだくれ


スライム(20)
ドラクエ6冒険記≪10-a.マウントスノー~ロンガデセオ≫


小林一三『逸翁自叙伝』
タカラヅカと阪急モダニズム伝説


SAスパーズ
【NBA2017-18】 スパーズ前半戦


パトラッシュとネロ ワンワン還暦 ウナギイヌ シナモロール 犬神家の一族
チーズ チーズ(顔交換)
あけまして2018戌年

 
関連記事
00:20  |  画像一覧  |  EDIT  |  上へ↑

【画像一覧】 2017.12.31 (Sun)

2017年12月の画像一覧

≪2017年12月の画像一覧≫

手袋をはく子ども 千葉県の新名 武田鉄矢「仁」 はしょれメロス
メリクリ&よいおと!2017


スライム(20)
ドラクエ6冒険記≪9.かじ屋、格闘場&ベストドレッサー≫


キース・ジャレット『still live』
キース・ジャレットのスタンダードなジャズをどうぞ


スターウォーズop
世界の 「I am your father!」


スライム(20)
ドラクエ6冒険記≪8.フォーン城~ペスカニ&海底≫

 
関連記事
23:05  |  画像一覧  |  EDIT  |  上へ↑

【★特別企画★】 2017.12.26 (Tue)

≪特別企画≫書庫もくじ

  ≪特別企画≫書庫もくじ

  あけまして2018戌年
  2017あけまして酉年
  劇場版『ゴジラ対エヴァンゲリオン対トランプ』製作発表(APrilfool通信)
  【2016さる年】 ジャンプ2大「悟空」であけおめ!
  【ボケて】 書庫

  替え歌 『帰って来たアナキン・ヨッパライウォーカー』
  【賀正】 二〇一四・午年
  お盆に捧げる詩<うた>
  ドラえもん×ドニゼッティ 『愛のみょうやく』
  あけおめ楳図かずお風(R-12指定)

  AKB新メンバーに 「GLG13」 (APrilfool通信)
  あけまして飛龍革命
  あの渡部さんのえかきうた(Y!アバターで作る)
  お正月だョ!全員集合!
  『イマジン』Yahoo!ブログ・バージョン

  『リバーサイド別府温泉』 井上洗たく水
  貴乃花親方えかきうた
  謹んで新しき年を賀する歌 (2010寅)
  言葉にできない'09
  松本清張えかきうた

  花粉戦士ガンダム≪鼻・戦士≫編
  ぁヶぉ〆★彡(寂聴に捧ぐ)
  こんなサンタさんはいやだ
  ドラえもんで「世界のナベアツ」
  2008新春・歌はじめ

  あなたのせっかち度テスト
  あなたのメルヘン度テスト
  あなたの「豪快」度テスト
  M-1お笑い戦国武将史 (『カノッサの屈辱』ふう)
  タモリ・キリストと、いいとも西洋史 (『カノッサの屈辱』ふう)

  仮想・ハリウッド版 『ドラえもん』
  賀正歌(二00七・亥)
  10人の首脳~Ten Little Summit Boys~
  勝手に選ぶ、歴代 『空耳アワード』 後編
  勝手に選ぶ、歴代 『空耳アワード』

  【替え歌】 抜毛 ~Autumn Hair~
  戦後歴代内閣の覚え方(成人指定)
  仮想・ハリウッド版ドリフ

 
関連記事
22:26  |  ★特別企画★  |  EDIT  |  上へ↑

【ボケて】 2017.12.25 (Mon)

メリクリ&よいおと!2017


 メリー・クリスマス!

 今年もご覧いただきありがとうございました。年内はこれでおしまいです。

 来年もよろしく! よいお年を!


 (↓おまけ)
関連記事
00:01  |  ボケて  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑