FC2ブログ

【ヒッチコック米時代】 2011.09.11 (Sun)

『引き裂かれたカーテン (1966米)』

(ヒッチコック全作品) 
『引き裂かれたカーテン』

 ≪感想≫
 やはり健康的で色気がないジュリーは 「ヒッチコック・ヒロイン」 に向いていない。新世代ニューマンの演技はおざなりで印象に残らない。何よりヒッチの冷戦政治劇がマンガっぽすぎて向いていない。(事実ニューマンは、ヒッチの古い作劇や演出にやる気が出なかったそうだ。)

 ただ農夫の妻を交えた格闘シーンなど個々のスリルは、緊迫感にあふれていてさすがの名人芸。わざわざオーブンまで引きずっていくのが 「殺しのアイディアマン」 ヒッチの本領であり面白さ。そういうのが 「ウソっぽい、マンガっぽい」 とツッコまれるようになった時点で、古き良きヒッチの時代は終わったと言えるのだろう。
 それでも以後の老衰を思えば、まだ面白いほうだった。



 A・ヒッチコック監督第50作 『引き裂かれたカーテン (1966米)』

 出演/ポール・ニューマン (マイケル・アームストロング)
     ジュリー・アンドリュース (セーラ・シャーマン)
     ギュンター・シュトラク (マンフレート教授)
     ウォルフガング・キーリング (秘密警察官グロメク)
     キャロリン・コンウェル (農夫の妻)

 ≪あらすじ≫
 アメリカの科学者マイケルと助手で婚約者のセーラは、コペンハーゲンの学会に赴く途上にあった。しかしセーラは恋人の不可解な行動に疑いを抱く。マイケルの行く先は「鉄のカーテン」の向こう、東ベルリンだったのだ。謎の人物たちと密会を重ねるマイケルの真意とは・・・?

 ≪解説≫
 前年の 『サウンド・オブ・ミュージック』 でトップ・ミュージカルスターになったジュリーの初ベッドシーンを売りにしたが、興行は失敗。
 長年音楽を提供してきたバーナード・ハーマンとの感情的なケンカ別れも大きかった。撮影のロバート・バークスも参加していない。

 ≪B・ハーマンとの破局≫
 前作 『マーニー』 で、ユニヴァーサル社から 「今ふうのポップな音楽を」 と求められていたヒッチは、ハーマンの作風に対してあからさまな悪口を言ってしまったことからふたりの口論に発展。 後日ハーマンは仲直りにとヒッチを訪ねるが、ヒッチは居留守を使って会おうとすらしなかった・・・。
 ・・・もともと意地の悪い皮肉屋で人づきあいが下手なヒッチの性格と、映画界の巨匠にまつり上げられた 「裸の王様」 ぶりがもたらした最悪の破局であった。

 ≪この頃・・・≫
 キューバ危機に始まりケネディ暗殺、黒人公民権運動、アポロ月面着陸、そしてヴェトナム戦争のドロ沼化と、時代は混迷の'60年代。テレビという新興メディアが伝える“真実”が、映画の“絵空事”を凌駕してハリウッド自体が衰退。「ニューシネマ」 と呼ばれる大胆な世代交代が求められた中で、ヒッチも急速に 「過去の人」 になりつつあった。
 一方で同'66年、フランスの映画監督F・トリュフォーとの対談本 『定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー』 が刊行。衰えていく創作力と反比例するように、「映像の神様」 としてヒッチ崇拝・再評価の機運が高まっていく。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 8分、ホテルのロビーで、赤ちゃんを抱いて座っている。



  『TORN CURTAIN』

 監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/ブライアン・ムーア
     撮影/ジョン・F・ウォーレン
     音楽/ジョン・アディソン

 ユニヴァーサル 128分
 
23:23  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2011.09.01 (Thu)

『トパーズ (1969米)』

(ヒッチコック全作品) 
『トパーズ』

 ≪感想≫
 まったく熱意が感じられない凡作ではあるが、酷評されているほど退屈ではなかった。 しかし登場人物が入り乱れているのに役者が地味だし、セリフ頼みの政治劇では 「娯楽映像作家」 ヒッチが生きないのも大きな事実。同じキャスティングでじっくり連続TVドラマなら、まだ盛り上がっていただろう。

 中盤、キューバ指導者からカバンを盗むシーン。それがどれだけ重要かの説明をはしょっている・セリフの中に埋もれているから、その場限りのハラハラ描写で終わってしまう。 ヒッチが 「マクガフィン」 と呼んだ、物語のカギを極力シンプルにする古き良き冒険劇の手法が、リアル志向のニューシネマ時代にはもうくたびれてしまっている。(声が聞こえない遠くからのショットも、ただ冗長なだけ。)
 一方、キューバ指導者が想い人の家に踏み込むシーン。そのカット割りやカメラワークはとても美しかった (四方から糸で引っ張ってスカートを広げたそうだ)。 愛する美女に裏切られた醜男への感情移入は、老いてなお熱い 。



 A・ヒッチコック監督第51作 『トパーズ (1969米)』

 出演/フレデリック・スタフォード (アンドレ・デベロウ)
     ダニー・ロバン (妻ニコル・デベロウ)
     カリン・ドール (ファニタ・デ・コルトバ)
     ジョン・ヴァーノン (キューバ指導者リコ・パラ)
     ジョン・フォーサイス (CIA諜報員ノードストローム)

 ≪あらすじ≫
 アメリカに亡命したソ連の高官の話から、ソ連からキューバへのミサイル配備計画が発覚。フランスの諜報部員アンドレがキューバに飛ぶ。
 彼は地下組織の美女ファニタの助力を得て機密情報の入手に成功するが、謎の暗号 「トパーズ」 と呼ばれる裏切りの影が迫ろうとしていた。

 ≪解説≫
 『007』 のブームに乗じたスパイもの。キューバ危機の内幕を描く。
 前2作の失敗で力を失いつつあったヒッチが、ユニバーサル社が提案した企画をしぶしぶ丸呑み。単純明快な冒険劇を得意とするヒッチは複雑な本格政治サスペンスを消化しきれず失敗、「ヒッチもこれまで」 とささやかれた。

 ≪受賞≫
 前'68年、名製作者を讃える米アカデミー特別賞≪アーヴィン・サルバーグ賞≫を受ける。渡米第1作 『レベッカ』 のアカデミー作品賞以降は監督賞ノミネート5度で無冠・・・、娯楽作家として長く賞とは無縁だったことへの穴埋めの意味があった。
 (監督賞候補は 『レベッカ('40)』 『救命艇('43)』 『白い恐怖('45)』 『裏窓('54)』 『サイコ('60)』 の計5作。 作品賞候補は 『レベッカ('40=受賞)』 ほか 『海外特派員('40、レベッカとW候補)』 『断崖('41)』 『白い恐怖('45)』 の計4作。)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 33分ごろ、空港の廊下を車椅子で現れる。知人と出会って立ち上がり、歩いて去っていく。知人は「ヒッチ・・・」と言っている??



    『TOPAZ』

 監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/サミュエル・テイラー
     原作/レオン・ユリス
     撮影/ジャック・ヒルディヤード
     音楽/モーリス・ジャール
  共同制作/ハーバード・コールマン

 ユニヴァーサル 127分
 
00:12  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2011.08.22 (Mon)

『フレンジー (1971英米)』

(ヒッチコック全作品) 
『フレンジー』

 ≪感想≫
 暗くて艶っ気のないロンドンの雰囲気。役者も地味で、ハリウッドや 「クール・ビューティ」 の華やかさなど過ぎし日の夢・・・。時代の流れを感じさせます。 ふくよかな油絵のような 『泥棒成金('55)』 なんかの頃がよかったなあ。
 また、短気--frenzy--で自堕落な主人公に感情移入できないうえ、ただ逃げ回るだけで真犯人との対決もないので、焦点がぼやける。あの不愉快きわまりない暴行・殺害シーンのあとは、どんな冒険があったのかほとんど印象に残らなかった。
 警視の妻のゲテモノ料理もふくめて、出てくる食べ物が全部まずそうなのも印象が悪い。(★☆☆)



 A・ヒッチコック監督第52作 『フレンジー (1971英米)』

 出演/ジョン・フィンチ (リチャード・ブレイニー)
     バリー・フォスター (ボブ・ラスク)
     バーバラ・リー・ハント (ブレンダ)
     アンナ・マッセイ (バーバラ)

 ≪あらすじ≫
 ロンドンの町を騒がせる連続ネクタイ殺人事件。殺された女は乱暴された末、ネクタイで首を絞められていた。バーテンを失業したブレイニーは前妻ブレンダを頼ってオフィスを訪ねるが、そこから彼の運命が狂い始める。

 ≪見どころ・裏話≫
 前3作で失敗したヒッチが汚名返上したスマッシュ・ヒット作。 『山羊座のもとに』以来20数年ぶりに母国イギリスで撮影。
 この頃から欧州フランスの若手作家を中心にヒッチコック再評価の機運が高まり、「通俗的な娯楽作家」 から 「映像の神様・芸術家」 として崇拝されはじめる。カンヌ映画祭では特別招待作として、満場の拍手をもって迎えられた。同'71年に仏レジオン・ド=ヌール勲章。('68年には米アカデミー特別賞「アーヴィン・サルバーグ賞」を受けている。)

 ≪ヒッチはここだ!≫
 冒頭、街頭演説の聴衆の中に黒いハットとスーツで。ひとりだけ拍手しない。(2カット)
 はじめは 「テムズ川に浮かぶ水死体役」 なんてアイディアも出たが、寒い時期に歳も歳だし、ということでボツになった。



 『FRENZY』

 監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/アンソニー・シェファー
     原作/アーサー・ラ=バーン
     撮影/ギル・テイラー
     音楽/ロン・グッドウィン
  共同制作/ウィリアム・ヒル

 ユニヴァーサル 118分
 
20:30  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック米時代】 2011.08.13 (Sat)

『ファミリー・プロット (1976米)』

(ヒッチコック全作品) 
『ファミリー・プロット』

 ≪感想≫
 '70年代的なキッチュで品のない色彩。イギリス的な暗さ。
 説明調の長たらしいセリフ。見栄えのしない地味な俳優の、工夫のないカットバック (切り返し) が延々と続く。この演出の単調さに一番失望した。
 後半の暴走車アクションは、ヒッチお得意の 「スクリーン・プロセス (背景合成)」 なばかりにかえって興をそぐ。コメディタッチがなおさらしらける。
 ・・・いかにも腰の重い年寄りが作った映画。もはやヒッチコックの時代じゃないことがよく伝わった。

 '70年代は 『ゾンビ』 『エクソシスト』 『オーメン』 などオカルトものが大流行し、「ヒッチコックの後継者」 を自認するスピルバーグが彗星のごとく現れた時代。 老ヒッチはそれに乗っかった感じ。 若者の流行を上っ面だけ真似しようとする老人のみっともなさが透けて見える。そもそもオカルト、ホラーの先鞭を付けたのが 『サイコ』 (1960) だったというのに。



 A・ヒッチコック監督第53作(遺作) 『ファミリー・プロット (1976米)』

 出演/バーバラ・ハリス (ブランチ)
     ブルース・ダーン (ジョージ)
     ウィリアム・ディヴェーン (アダムソン)
     カレン・ブラック (アダムソンの情婦フラン)

 ≪あらすじ≫
 インチキ霊媒師のブランチは、富豪レインバード夫人から生き別れになった甥の捜索を依頼される。ほどなく宝石商アダムソンがその人であると突き止めるが、アダムソンの正体は世間を騒がせる連続誘拐犯だった。そんな裏の顔を知らないブランチと恋人ジョージは、自ら死地に飛びこんでいく。

 ≪解説≫
 ヒッチの遺作。
 '79年、米映画協会AFIから功労賞。スピーチでは長年支えてくれた 「4人の協力者」・・・編集者、脚本家、一家の母親そして名コックであった妻アルマ・レヴィルに感謝を捧げた。
 同年、英エリザベス女王より“ナイト”の称号を賜る。
 またこの頃ヒッチを回顧・再評価する映画イベントが各地で催され、軒並み盛況。 ヒッチ本人はもちろん、I・バーグマン、G・ケリー公妃らも駆けつけて華を添える。
 一方で最晩年は心身ともに衰弱し、オフィスは名ばかりの開店休業同然という寂しいものだった。 本作の製作にあたっては、往年の冴えと老衰・無気力が交互に現れ、ずいぶんムラがあったという。

 1980年4月29日、サー・アルフレッド・ジョセフ・ヒッチコックは、ハリウッドにて80年の生涯を終える。机の上には次作『みじかい夜』の企画書が未完のまま置かれていた。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 40分、役所オフィスのすりガラスの向こう、シルエットで。 職員に難クセをつけているよう? 名著 『ヒッチコック・トリュフォー/定本・映画術』 の表紙にもなっている。



  『FAMILY PLOT』

 製作・監督/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/アーネスト・レーマン
     原作/ヴィクター・カニング
     撮影/レナード・G・サウス
     音楽/ジョン・ウィリアムズ

 ユニヴァーサル 121分
  
00:06  |  ヒッチコック米時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑