FC2ブログ

【ヒッチコック全作品】 2012.11.27 (Tue)

『いかさま勝負<スキン・ゲーム>(1931英)』

(ヒッチコック全作品) 
13.スキンゲーム

 ≪感想≫
 退屈なセリフ劇。あまりに見所がないので、オークションでの主観カメラワークに注目する評もあるが、べつに褒めるほどでもないでしょ。
 それより、DVDタイトルをカッコよさげな横文字にして商売しようとしている映画ソフト会社の魂胆がいやらしい。それに乗っかる客もいるってことだろうから、なおさらいやらしい。



 A・ヒッチコック監督第13作 『いかさま勝負<スキン・ゲーム>(1931英)』

 出演/エドマンド・グウェン (ホーンブロワ)
     ジル・エズモンド (ジル・ヒルクリスト)
     フランク・ロートン (ロルフ・ホーンブロワ)
     フィリス・コンスタム (クロエ)
     C・V・フランス (ヒルクリスト)
     ヘレン・ケイ (ヒルクリスト夫人)

 ≪あらすじ≫
 土地の所有を巡って対立する、成金の実業家ホーンブロワと名門のヒルクリスト家。実業家の息子ロルフは名門の令嬢ジルに恋をするが、誇り高きヒルクリスト家が承知するはずがない。ホーンブロワ家の嫁クロエの暗い過去を口実にして、実業家の土地を奪い取ろうとする。

 ≪解説≫
 新興実業家と名門地主が対立する社会ドラマ。原作のゴールズワージーは著名なノーベル賞作家。
 脚色はヒッチ夫妻。いつもは原作を大胆にアレンジするヒッチだが、本作に限っては原作戯曲にほとんど手を加えなかったというから、原作ありきの雇われ仕事だったか。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 不明



  『THE SKIN GAME』

 監督・脚本/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/アルマ・レヴィル
     原作/ジョン・ゴールズウォージー
     撮影/ジャック・コックス、チャールズ・マーティン
     製作/ジョン・マックスウェル

 ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャー社 88分
 
19:48  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック全作品】 2012.11.14 (Wed)

『おかしな成金夫婦<リッチ・アンド・ストレンジ>(1932英)』

(ヒッチコック全作品) 
14.リッチ・アンド・ストレンジ

 ≪感想≫
 こんな身勝手なダメ亭主。ヒッチ自身をかなり投影しているそうですが、ヒッチもズバ抜けた映画の才能がなければ・・・まさにこんな男だったのでしょう。ヒッチは作品の不評を役者のせいにしていますが、八つ当たりもはなはだしい。
 ヒッチおよびアルマ脚本の純コメディ作品はおもしろくない。彼らが作る 「笑い」 は、場つなぎのスパイスくらいがちょうどいい。



 A・ヒッチコック監督第14作 『リッチ・アンド・ストレンジ(1932英)』
 (その他の旧題 『金あり怪事件あり』)

 出演/ヘンリー・ケンドール (フレッド・ヒル)
     ジョーン・バリー (妻エミリー)
     パーシー・マーモント (ゴードン中佐)
     ベティ・アマン (王女)
     エルシー・ランドルフ (メガネ婦人)

 ≪あらすじ≫
 倦怠期を迎えたフレッドとエミリーのヒル夫妻に、親戚から大金が譲られた。ふたりは心機一転にとアジアへの優雅な船旅に出かけるが、そこでエミリーは紳士的なゴードン中佐に、フレッドは某国の王女に惹かれていく。

 ≪解説≫
 東洋のロケ映像をバックに、ヒッチと妻アルマ(脚本)の夫婦生活をそのまま題材にしたライトコメディ。ヒッチ自身は本作がお気に入りだったが、観客には受けなかった。初盤に羅列される船酔いのシーン(ヒッチは船酔いしながらプロポーズした)やパリの踊り子の大胆さに驚くシーンなどは、ヒッチ夫妻の個人的なエピソ-ドである。
 妻役のJ・バリーは、イギリス映画史上初のトーキー作品であるヒッチの 『恐喝<ゆすり>('29)』 で、ヒロインの声の吹き替えを務めた女優。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 ?



 『RICH AND STRANGE』

 監督・脚本/アルフレッド・ヒッチコック
     脚本/アルマ・レヴィル、ヴァル・ヴァレンタイン
     撮影/ジョン・J・コックス、チャールズ・マーティン
     音楽/ハル・ドルフ
     製作/ジョン・マックスウェル

 ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ社 83分

 
23:52  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック全作品】 2012.11.01 (Thu)

『第十七番 (1932英)』

(ヒッチコック全作品) 
15.第17番

 ≪感想≫
 乗らないスリラー企画を押し付けられたヒッチは、いっそギャグ映画にして茶化そうとしたらしいが、どっちつかずの中途半端な作品になってしまった。ややこしい人物設定には何かの含みがあるのだろうが、まったく伝わっていない*。 失敗作の失敗にもいろいろあるが、これはそもそもの出来がめちゃくちゃ。
 ただクライマックスは、ヒッチが好きな列車を舞台にしたチェイスが展開。このミニチュア撮影がたいした迫力で、まったくオモチャに感じさせないのには驚いた。円谷ミニチュアしか知らないぼくは井の中の蛙だった。

(*実際含みがあるが、本人しか分からないつまらないダジャレがらみ。-―冒険映画のヒロインは 「おバカ(dumb)」 と決まっているから、本ヒロインは 「だんまり(dumb)」 にしよう―- みたいな。)



 A・ヒッチコック監督第15作 『第十七番 (1932英)』 (別題 『十七番地』)

 出演/レオン・M・ライオン (ベン)
     ジョン・スチュワート (フォーダイス)
     アン・グレイ (アクロイド嬢)
     ドナルド・カルスロップ (宝石泥棒)
     アン・カーソン (泥棒一味の女)

 ≪あらすじ≫
 17番地の空き家に怪しい影を見つけたフォーダイスは、ベンという宿無しの男と出会う。ふたりは、そこに集まってきた宝石泥棒の一味を捕らえようと奮闘する。

 ≪解説≫
 当時人気の喜劇俳優を主役にした冒険サスペンス。
 空き家にうごめく影は、当時の最先端 「ドイツ表現主義」 の影響とされている。

 ビジネスライクなBIP社の水が合わず、低迷を続けるヒッチ。本作のあと『キャンバー卿の夫人たち』という作品のプロデュースを担当したが、それで同社との契約も終わり、しばらく不遇をかこつことになる。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 ?



  『NUMBER SEVENTEEN』

  監督・脚本/アルフレッド・ヒッチコック
      脚本/マルマ・レヴィル、ロドニー・アックランド
      原作/J・ジェファーソン・ファージョン
      撮影/ジャック・コックス
      音楽/A・ハリス (ファーストネームの表記なし)
      製作/ジョン・マックスウェル

  ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ社 64分

 
22:10  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック全作品】 2012.10.17 (Wed)

『ウィーンからのワルツ (1933英)』

(ヒッチコック全作品) 
16.ウィーンからのワルツ
(※白黒作品)

 ≪感想≫
 著作権切れのインターネット動画で見ました。字幕なし。
 ヒッチのカメラは正面に据えたっきりで動きはなく、人物の内面に迫ろうとする気持ちが入っていないことが分かる。 言われているほど退屈・駄作でもなかったが、このくらいならヒッチコックじゃなくてもザラに見られる。
 ただ、ヒッチ自身は 「音楽のない音楽劇」 と皮肉っていたが、楽聖の物語を安易な演奏シーンに頼らず、ドラマだけで見せるのはかえって現代的かも?



 A・ヒッチコック監督第16作 『ウィーンからのワルツ (1933英)』

 出演/ジェシー・マシューズ (ラジ)
     エズモンド・ナイト (ヨハン・シュトラウスⅡ世 “シャニ”)
     エドマンド・グウェン (ヨハン・シュトラウスⅠ世)
     フェイ・コンプトン (伯爵夫人)
     フランク・ヴォスパー (皇太子)

 ≪あらすじ≫
 19世紀・音楽の都ウィーンで、父をもしのぐ音楽の才能を発揮する若きJ・シュトラウス2世。 美しき伯爵夫人に見初められた彼はその援助を受けることになるが、それがもとで恋人ラジとの関係がこじれてしまう。ラジは恋人の将来のため、身を引く決意をする・・・。

 ≪解説≫
 ワルツ王J・シュトラウスをめぐる恋愛劇。
 日本では劇場未公開のうえソフト化もされていない。海外版のみ。(ここまで扱いが低いのは、フィルムそのものが逸失している監督第2作 『山鷲』 に次ぐ。)

 ≪裏話≫
 ヒッチは水の合わないBIP社からアレキサンダー・コルダー社に移籍するが、企画の不調で丸1年何も撮らないまま契約切れ。本作はそんなヒッチ以下、フリーランスのスタッフの寄せ集めで作られた。
 監督キャリアの危機にあったヒッチに手を差し伸べたのが、彼を監督としてデビューさせた育ての親マイケル・バルコン。その新会社ゴーモン・ブリティッシュに正式に移籍したヒッチは、次作 『暗殺者の家』 からサスペンス・スリラーに専念するようになり、いよいよその快進撃が始まる!
 
 ≪ヒッチはここだ!≫
 不明。 (コスチューム劇なので、わざわざ衣装をつけてまで出演していない?)
 ・・・それ以前に、うまくいかない撮影に感情が爆発、現場でかなり当たり散らして、お遊びどころじゃなかったそうだ。



  『WALTZES FROM VIENNA』

 監督/アルフレッド・ヒッチコック
 脚本・原作/ガイ・ボルトン
 脚本/アルマ・レヴィル
 撮影/グレン・マックウィリアムズ
 音楽/ヒューバート・バス およびヨハン・シュトラウスⅠ、Ⅱ世作品
 製作/トム・アーノルド

 アーノルド・プロ & ゴーモン・ブリティッシュ社 80分

 
08:59  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック全作品】 2012.10.05 (Fri)

『暗殺者の家 (1934英)』

(ヒッチコック全作品) 
17.暗殺者の家

 ≪感想≫
 おそろしくまったりと、スピード感のない作品だった。
 まずは冒頭、2度もスポーツ真剣勝負の邪魔をする娘にイラッ。「ほほえましい一家」 のつもりなんだろうが、ツカミからくじかれた。
 それから、登場する役者たちは皆モッサリと魅力がなく、誰が誰やら区別がつかない。それだけに怪優P・ローレが極端に際立って見える。(ポスターや映像ソフトなどでは、不敵なローレの顔が大きく扱われているが、彼しか 「画(え)」 にならないのだから当然だ。)
 クライマックスの銃撃戦ものんびりと、緊張感のかけらもなし。ドンパチが始まってるのに警察は 「ああしましょうこうしましょう」 とノホホンとしたもの。(当時の本物のロンドン警視庁が、暴力的に描かれるのを嫌って検閲をかけてきたのだそうだ。)

 ・・・ヒッチの出世作とされ、前後には地味に埋もれた作や失敗作もあるが、それらのほうがまだ見どころがある。この時期のヒッチコック作品でも群を抜く退屈さだった。



 A・ヒッチコック監督第17作 『暗殺者の家 (1934英)』

 出演/レスリー・バンクス (ボブ・ローレンス)
      エドナ・ベスト (妻ジル)
      ノヴァ・ピルビーム (娘ベティ)
      ピーター・ローレ (アボット)

 ≪あらすじ≫
 スイス旅行を楽しむローレンス一家は、ひょんなことから巨大な陰謀の一片を知ってしまう。それがもとで誘拐された娘を救うべく、知りすぎていた夫妻の戦いが始まる。

 ≪解説≫
 後に 『知りすぎていた男('56米)』 としてセルフ・リメイクされたことで有名。(リメイク版の有名な主題歌 『ケ・セラ・セラ』 はここでは出てこない。)
 監督として育ててくれた製作者M・バルコンに再び拾われたヒッチ。
 それまでメロドラマやコメディも手がけていたヒッチが、以後サスペンスに専念。その名声を不動のものにしたイギリス時代最大のヒット作。数年来のスランプから脱し、イギリス時代の黄金期を迎える。日本初登場作。

 何と言っても、墺ハンガリー出身の個性派悪役P・ローレが異彩を放つ。1931年のドイツ映画 『M』 の怪演で名を馳せたが、ユダヤ系の彼はナチスの迫害を逃れて同作の監督フリッツ・ラングと亡命。本作がその英米映画デビューであった。 ヒッチとは素顔も 「怪人」 どうし、ウマが合ったとか。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 33分ごろの夜の雑踏の中にいる…という一部情報があるが確認できず。イギリス時代はエキストラ代わりの面もあったので、不明な作品も多い。



  『THE MAN WHO KNEW TOO MUCH』

 監督/アルフレッド・ヒッチコック
 脚本/A・R・ローリンソン、エドウィン・グリーンウッド
 撮影/クルト・クーラン
 音楽/ルイ・レヴィ
 挿入曲/アーサー・ベンジャミン 作、 カンタータ 『 時化 <ストーム・クラウド>』 (リメイク作と同じ曲。)
 製作/マイケル・バルコン

 ゴーモン・ブリティッシュ社 84分
 
20:25  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック全作品】 2012.09.22 (Sat)

『三十九夜 (1935英)』

(ヒッチコック全作品) 
18.三十九夜

 ≪感想≫
 初見が遅めだったのが災いした。あれこれ詰め込んだ割には小ネタばかりでほとんど印象に残らない。 「“巻き込まれ型”の原点」 「イギリス時代の代表作」 と言われるとのちの傑作群と比べてしまい、スケールの見劣りばかりが目立つ。
 そもそも、行きずりの民間人に国家機密をベラベラしゃべる女スパイの設定がバカげている。追われる身となった主人公も、態度や行動がわざわざ事を荒立てる方向ばかり。作為が過ぎて不自然。盛り上げ方・つじつまの合わせ方が無粋だ。(*【続き…】へ)

 何より、主演の男女2俳優は華があってとても魅力的なのに、粗暴な男と軽い女、あてがわれたキャラクターが好きになれずもったいなかった。
 (男女が手錠でつながれるアイディアは色っぽくてワクワクするのに、ヒロインの胸ぐらを締め上げて 「なぜ信じない?俺の言うことを聞け」 って、なんてひどい男だ。 ヒロインもさんざ乱暴されたのに、男が無実だと分かった途端、うっとりとその寝顔をのぞきこむなんて!)

 ラストの 「記憶男」 は個性的でドラマチックだった。本筋がどうにもイマイチなので、あの幕切れで十分いい。



 A・ヒッチコック監督第18作 『三十九夜 (1935英)』

 出演/ロバート・ドーナット (ハーネイ)
     マデリン・キャロル (パメラ)
     ゴッドフレー・タール (ジョーダン教授)
     ルッチー・マンハイム (アナベラ)

 ≪あらすじ≫
 ロンドンで暮らすカナダ人外交官ハーネイは、謎の美女アナベラと知り合うが、悪の陰謀を阻止するスパイだという彼女は何者かに殺されてしまう。殺人犯の汚名を着せられたハーネイは、アナベラ最期の言葉 「39階段」 の意味を解くためスコットランドに向かう。

 ≪解説≫
 イギリス時代の代表作のひとつ。
 普通の人間が事件に巻き込まれ、無実の罪を着せられるという 「巻き込まれ型」 サスペンス。これはヒッチ作品の重要なスタイルで、後の傑作『北北西に進路を取れ』の原型にもなった。
 ヒロインのM・キャロルは、ヒッチコック作品初の“クール・ビューティ” (知的でクール&セクシーなブロンド女優)であったと、ヒッチ自身が公認している。
 また主役のR・ドーナットもハンサムな色気とユーモアがあり、ヒッチお気に入りの俳優であった。(契約の問題やドーナットが病気がちなためこの1本だけに終わったが、のちに 「彼を使いたかった」 「彼を想定した」 としばしば名前を挙げている。)

 原作のバガンはヒッチが最も影響を受けた作家であった。その作品は、冒険の中にも詩的な奥ゆかしさやユーモアをたたえていたという。ヒッチはそれをイギリス的な 「understatement」 (「嫌い」 を 「好ましくない」 、「良い」 を 「悪くない」 と言い換えるような、慎みや皮肉が込められた表現) だと説明している。

 ≪この頃・・・≫
 当時のイギリス映画界は、デヴィッド・リーンやキャロル・リードら名匠が世に出る直前の低迷期。演劇界が強い同国では、映画は労働者階級の娯楽として軽視されていた。その中で36歳ヒッチは孤軍奮闘、イギリス映画界を背負って立つ存在にまでなる。

 ≪ヒッチはここだ!≫
 6分、ミュージック・ホールの外、やってきたバスの前を通り過ぎる。ゴミをポイ捨て。



  『THE 39 STEPS』

 監督/アルフレッド・ヒッチコック
 脚本/チャールズ・ベネット、アルマ・レヴィル(ヒッチ夫人)
 原作/ジョン・バカン
 撮影/バーナード・ノウルズ
 音楽/ヒューバート・バス
 製作/マイケル・バルコン

 ゴーモン・ブリティッシュ社 81分
 
09:24  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ヒッチコック全作品】 2012.09.08 (Sat)

『間諜最後の日 (1936英)』

(ヒッチコック全作品) 
19.間諜最後の日

 ≪感想≫
 目的が定まらず盛り上がりに欠く冒険・・・。ヒッチ自身の 「主人公は任務に消極的なうえ、その失敗は不愉快で度が過ぎた」 という指摘がすべて。(邦題の意味はそういうことなのね。)

 ただ、スパイがチームで暗躍するという設定は、現代アクションにも通じていて楽しかった。それぞれの 「温度差」 も心理スリルとして利いていた。 とにかく好色のメキシコ人スパイを演じたピーター・ローレ! その存在感で、中途半端な主人公と軽いヒロインをカバーしてくれた。
 雪山の暗殺シーンで、離れた場所にいる愛犬が主人の危機を察して騒ぐというアイディアも面白い。 またチロリアン・ショーの場面、ヒロインの不安感をコインのガラガラ音があおったり、明るいヨーデルはミスマッチのショック効果をもたらしたりと工夫が見られた。



 A・ヒッチコック監督第19作 『間諜最後の日 (1936英)』

 出演/ジョン・ギールグッド (ブロディ/アシェンデン)
     マデリン・キャロル (エルサ)
     ピーター・ローレ (モンテスマ将軍)
     ロバート・ヤング (マーヴィン)
     パーシー・マーモンド (ケイファー)

 ≪あらすじ≫
 第1次大戦下、敵スパイ暗殺の命を受けたイギリス諜報部員ブロディは、アシェンデンと名を変えてスイスに飛ぶ。そこでアシェンデン夫人役のエルサや“将軍”と呼ばれる男と合流し、謎の紳士ケイファーを追いつめるのだが・・・。


 ≪解説≫
 風光明媚なスイスを舞台にしたスパイ・サスペンス。自身も諜報員だったモームのスパイ短編集が原作で、主人公「アシェンデン」はいくつか映像化されているらしい。

 本作は出演俳優とそのキャラクターに特長が見られる・・・
   ① 若き日の名優ギールグッドが映画初挑戦。
   ② ヒッチコック作品初の 「クール・ビューティー」(ヒッチ公認)のM・キャロルが、
     前作 『三十九夜』 に続いて登場。
   ③ 本作の悪役は、ヒッチ作品の重要な傾向のひとつである 「上品で紳士的な
     魅力ある悪役」 の第1号であった。(のちの 『ダイヤルMを廻せ!』 のR・ミラ
     ンド、『北北西に進路を取れ』 のJ・メイソンなど。)

 ・・・が、その肝心のキャラ作りがことごとく軽い。 救いは個性派P・ローレ、彼の怪演に尽きる。


 ≪裏話≫
 ヒッチは理想の女優像 「クール・ビューティー (知的でクール&セクシーなブロンド女性)」 であったマデリン・キャロルに対し、かしずかんばかりに尽くしたかと思えば、サディスティックにしごいたり、わざと奇抜で醜い演技をやらせたりと、病的なまでにご執心だったという。
 のちのI・バーグマンほかお気に入り女優にも同様の態度で接しており、中にはあからさまでマズいセクハラ・エピソードも。
 醜く太った自分への嫌悪と、それでも絶世の美女を支配したいという攻撃的な欲望・・・、その欲望を芸術に叩きつける偉大な才能があり、それが許された時代ではあったのだが。


 ≪ヒッチはここだ!≫
 不明。
 序盤、船を降りる主人公の前のヒゲの男かもしれない・・・という情報があるが別人では?



  『THE SECRET AGENT』

 監督/アルフレッド・ヒッチコック
 脚本/チャールズ・ベネット
 原作/サマセット・モーム
 撮影/バーナード・ノウルズ
 音楽/ルイ・レヴィ
 製作/マイケル・バルコン

 ゴーモン・ブリティッシュ社 83分

 
15:23  |  ヒッチコック全作品  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑