FC2ブログ

【アメリカ映画】 2009.10.05 (Mon)

スピルバーグの 『激突!』!!

blog_import_4d9325d9a91fd.jpg


スティーヴン・スピルバーグ監督の 『激突!』 (1971米) !!

荒野のハイウェイ。 執拗に追いせまる巨大トレーラーの恐怖を描く、25歳の出世作。

 
はじめて観たのは学生時代、図書館の視聴覚ブースで。

たいしたビデオ機材ではなかったけど、狭く閉めきった空間で集中して観たので、

天才スピルバーグの映像マジックにモロハマリ!


見終った後も、しばらくの間ドキドキと大興奮。

自転車での帰り道、自分もトラックにツケられてないか本当に怖かった。



「顔の見えない隣人の理不尽な暴力」 という社会派の解釈もあるけど、それは後付けの結果論。

作ったのはカネも地位もない、野心と才能だけが武器の25歳。

単純に、映像のスリル効果をとことん追究したモンスター映画、ということでいいと思う。


しかしその単純な、低予算のテレビ用映画ですが、自分の腕一本で勝負したところがえらい!

緩と急のメリハリや映像モンタージュのセンスは、映画づくりのお手本のよう。

クルマ2台だけでこんなオモロイかふつう!?



彼はただの 「派手なCGを使う子供っぽいファンタジー作家」 じゃなかった。

偉大なヒッチコック~黒澤~キューブリックらの後を継ぐ、

正統な 「映像の魔術師」 としての天分にすっかり脱帽しました。

ぼくにとってのスピルバーグ映画第1位です。


ご自宅のテレビでご覧になるときは、電気を消すかカーテンを閉めきってからどうぞ。

 
関連記事
20:50  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop