FC2ブログ

【クラシック音楽】 2010.10.02 (Sat)

『だったん人の踊り』 改め・・・?

 
 日曜朝の 『題名のない音楽会』 で、クラシック曲の間違った和訳タイトルを考え直そうという企画をやっていました。
 『スペイン交響曲』 『クロイツェル・ソナタ』 『後宮からの逃走』・・・、そしてボロディン作曲の 『だったん人の踊り』。

   『だったん人の踊り』 YouTube検索へ

 今ではムード音楽としても超有名なこの 「だったん人」、本当は 「だったん人」 じゃないというのは知る人ぞ知る裏話です。
 中央アジアの遊牧民族にもいろいろあって、正しくはトルコ系の 「ポロヴェッツ人」。 日本では、広く遊牧民族の代名詞になったモンゴル系の 「だったん(韃靼、タタール)人」 がなじみ深かったので、大ざっぱに名付けられたのでしょう。
 かといって今さら正題 『ポロヴェッツ人の踊り』 だなんて野暮の極み。理屈くっさいウィキペディアじゃあるまいし。

 ・・・そこでというわけで、指揮者・佐渡裕さんの新提案 『あのへんの人の踊り』 がウケました。あの辺の人の踊り~


 曲の舞台になった 『イーゴリ公』 の遠征から数十年後、チンギス・ハンによってポロヴェッツは 「だったん(韃靼、タタール)」 の勢力下に収まりました。
 大きく言えば 「だったん人」 も間違いではないので、これからも 『だったん人の踊り』 でいいです。そしてひらがな書きでいいです (せめてカタカナまで)。漢字書きはウィキペディア臭くなる。

 ちなみに、生のミンチ肉を食べる 「タルタルステーキ」 は、「タタール」 の調理法が由来。洋の東西でハンバーグやユッケの原型になりました。
 ありがとう、だったん人。 ハンバーグは風の翼に乗って。

 
関連記事
00:31  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop