FC2ブログ

【アメリカ映画】 2011.01.07 (Fri)

『サウンド・オブ・ミュージック』 TV吹き替え版

≪お正月のテレビ日記③ テレ東 『サウンド・オブ・ミュージック (1965米)』≫

38 サウンド・オブ・ミュージック

テレビ東京で、ミュージカル映画の金字塔 『サウンド・オブ・ミュージック』 をやっていました。

映画については前に記事にしたので、今回は地上波ならではの 「吹き替え版」 について。

テレビ東京が独自に製作したというこの新録バージョンは、全体的に声が若返った感じでした。


相手役の<トラップ大佐>とその恋人<男爵夫人>は、井上和彦さんと戸田恵子さん。

80年代アニメの、若くてカッコいいヒーロー&ヒロイン役と言えばこの方たち・・・なトップ声優。

そんなおふたりが壮年キャラを演じる時代になったかぁ・・・と、しみじみ。

吹き替えに若さを感じたのは、この両優のイメージからかもしれません。


そしてヒロインの<マリア>役は、ミュージカル俳優の新妻聖子さん。

吹き替えの専門家ではないので多少違和感をおぼえましたが、それも個性ということでいいのかな。

ヘタな芸能人起用されるよりはずっと良かった。(でもやっぱり吹き替えの専門家を育ててほしい。)


 往年の「マリア」=ジュリー・アンドリュース役の声優といえば、武藤礼子さん。
 エリザベス・テイラーやグレース・ケリーなど、吹き替え映画史上最高の美女役のひとり。 ヒッチコック 『裏窓』 のG・ケリーなどは艶っぽくてキュートで、もうたまらない名演でした。
 『サウンド…』 のDVDソフトには武藤さんの吹き替え版も併録されているらしいので、吹き替えマニアにはほんとうれしいボーナスです。



最後に、吹き替え映画文化を大事にしてくれるテレビ東京さん、ありがとう!

少し前には、亡くなられた野沢那智さんを追悼して 『アラン・ドロンのゾロ』 を、

年末には名作中の名作 『広川太一郎版007』 をやってましたね。 アリガト三角マタキテ四角!

 
関連記事
22:53  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop