FC2ブログ

【京都・奈良&和ふう】 2006.04.16 (Sun)

大岡越前のふすま

12754133404c05435c08d39_import.gif


加藤剛さん主演のTVドラマ『大岡越前』(TBS系列)。

つい先日、36年間のシリーズに幕を下ろしたと、今ごろ知る。


何と言っても、山下毅雄作曲&口笛によるテーマ曲が好き。(&名コンビ伊集加代子さんのスキャット)

ぼくがプロレスラーなら、ぜったい入場テーマ曲にしているだろう。

そしてもうひとつ印象に残っているのが、クライマックス、大岡裁きのお白洲のふすま。

まるで迷路のような青と白の幾何学模様。


『水戸黄門』といえば“葵の家紋”がトレードマークであるように、

『大岡越前』といえばあのふすまの模様。

すごく気になっていたので、このたび初めて調べてみた。


桃山時代ごろ、中国明朝から伝わった“紗綾形(さやがた)”という文様だとか。

“卍”の字がモチーフになっていることから、「卍つなぎ」「菱卍」とも言う。

なるほど、卍をもとの形に角度を戻すと、がぜん中国建築の装飾ぽくなる。


江戸時代、小袖や調度品などに用いられ、武家や町家の間で流行。

ぼくは きものにまったく疎いのだが、女性用の高級絹織物“綸子(りんず)”といえば、

この文様が定番なんだとか。


ネットで探してみると、きものだけじゃないようだ。

カーテン、寝具、香炉に指輪・・・、しゃれたアイディアに目移りしてしまう。

どれがいいか、お奉行さまに最後の名裁きをお願いしたいくらい。

 
関連記事
01:10  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/755-7e04df9d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop