FC2ブログ

【JAZZ】 2006.04.22 (Sat)

かもめのチック・コリア

12754132954c05432fa8105_import.jpg


現代ジャズ界のリーダーのひとりであるチック・コリア

カモメが飛ぶレコ・ジャケが印象的な、『リターン・トゥ・フォーエヴァー』は、若き日の代表作のひとつ。

1972年発表。当時としては斬新な、エレクトリック楽器を導入した軽快なサウンド。

“フュージョン”音楽の先駆けになった、歴史的作品だとか。

とまぁ、能書きは抜きにして、休日はこれでくつろぎたい。


3曲目 『What game shall we play today』

「きょうは何して遊ぼ?」ってところだろうか。

ボサノヴァ風のリズムと、透明感あふれる女性ヴォーカルが、まさに遊ぶように渚を滑空。

たしか何かのCM曲に使われていたような…。

もし頭痛薬なら、すっきりさわやかに効きそう。食パンやインスタント・コーヒーもいい。とにかく朝が似合う。


ただし、今聴くと、正直言ってちょっと古い。

時代がひと回りして逆に新しい、という感覚とも違う。

でも悪くない、大目に見てやろうという程度のズレ加減…。

いや、休日なんだから、音楽も着崩したっていいじゃないか。


以前、『タモリ倶楽部』 でタモリさんが、チック・コリアふうピアノ演奏をマネされていた。

もったいぶって抑揚をつけながら、白鍵だけをポロリンと弾く。

そうそう、分かる分かる!

あまりにマニアックすぎる芸だけど、どこかで誰かが喜んでます。またいつかやってください。

 
関連記事
23:44  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop