FC2ブログ

【  ベランダでメダカ】 2013.07.01 (Mon)

シリーズめだか⑥~エサ

12754056784c05256e50cba_import.png


 夏も近づく我が家のメダカ水槽、水が少し緑色がかってきました。富栄養化、エサのやりすぎでしょうか。飼い主を覚えて、顔を見せるだけですり寄ってくるのがうれしくて、ついつい・・・。
 というわけで、今日のテーマは 「えさ」 です。

 メダカは雑食。
 市販エサのほか、無添加の食品くず、水中の藻やコケ、小さい虫や微生物など何でも食べる。

 ≪エサいろいろ≫
 ボウフラやミジンコ、そこらの虫など、「生き餌」 は一番の好物! スタミナがついて卵をよく産む。人間の血を吸った蚊も食べた。

 市販のエサは、金魚用などでもOK。あまり減らないので最小パックでじゅうぶん。(うちは50g入りでも半分以上は使いきれなくて植木にまいている。)
 とはいえ安いエサはやめた方がいい。弱ったり寿命が縮まることはないが、元気な子孫を残すスタミナに欠ける。

 ほか、パンくず(油分が浮くので毎日・大量は避けたい)やゴマ・海苔などの粉くずも、ぽつぽつ食べてくれた。かつお節は不評だった。何かの資料では、唐辛子も食べたとか!(メダカは辛味を感じないって、ほんと!?) 塩分・油分や添加物には注意して、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。ごくごく薄い塩っ気なら問題ない。
 水中の藻・コケ類は、新しく柔らかいものならつつくようだ。



 ・・・うちは生虫イトミミズの加工品(最小パック)をメインに、パンなど日々の食品くずや、包丁についた肉魚の切れ片などをその都度あげています。


 ≪エサの量≫
 「1日1回」 が基本。1日数回~数日に1回、「その場で食べつくす量」 を。 水を汚さないことが第一なので、がっつく勢いがあるうちにやめておくくらいで。残ったエサはしっかりすくい取ること。
 胃がないので食いだめができない。「一度に大量」 より 「少量を数回に分ける」 ほうが好ましい。

 活発な日中に与える。朝がベスト。身体機能が低下する夜は与えない。水換えや引越しなど、環境が変わる前後も与えない。
 数日与えなくても弱ったり餓死することはない。
 半冬眠状態の冬は、水を汚すだけなので無理に与えない。(わが家では、藻だらけの汚い水槽で1ヶ月以上もほったらかしていたのに、でっぷり太ったまま春を迎えました。)



 ≪注意!≫
 くれぐれも与えすぎないように!
 与えただけ食べるのでお腹を壊したり、残せば水を汚す元凶になる。屋外飼育の場合、飼育水には意外と栄養分が溶けているうえ、もともとタフな種なので、数日与えなくてもまったく平気なくらいです。


 異論・その他情報をお待ちしております!
 次回は≪卵と稚魚≫です。増やす or 抑える、どちらが貴い飼い方か・・・。

 
関連記事
19:14  |    ベランダでメダカ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop