FC2ブログ

【クラシック音楽】 2013.05.22 (Wed)

水曜日はワグナーを聴いて♪ (生誕200年)

レヴァイン『ニーベルングの指環』

 きょう2013年5月22日は、リヒャルト・ワーグナーの生誕200周年です。(1813~1883)

 その代表作といえばドイツ・オペラの最高峰、楽劇4部作 『ニーベルングの指環』。
 勇壮な 『ワルキューレの騎行』 の旋律で有名ですね。 権力をつかさどる指環をめぐって、神々や人間の英雄、強欲な小人族らが入り乱れて争う冒険ファンタジー巨編。

   前夜 『ラインの黄金』
   第1夜 『ワルキューレ』
   第2夜 『ジークフリート』
   第3夜 『神々の黄昏』


 もとは北欧神話がベース。物語の世界観は本作を経て、『ロード・オブ・ザ・リング』 に受け継がれました。他にも 『スターウォーズ』 や 『ドラゴンクエスト』 など、このへんの冒険ファンタジーは何かしら影響を受けています。

 壮大な物語の中心となるのが、神々の長ヴォータン。英雄として育った我が子に(ここでは孫に)立ちはだかる、ダースベイダーのモデルになったキャラクターです。
 彼がよこしまな心を起こしたことから、争いの悲劇が始まります。

 ちなみに、西洋では水曜日のことを 「ウォータンの日」 と呼びます。すなわち 「Wednesday」 の語源。他のTuesday、Thursday、Fridayもヴォータンの周辺、北欧神話の神々から名付けられました。


 「Tuesday」 は軍神テュール(Týr)に由来。この 『指輪』 4部作には出てないよね?
 「Wednesday」 は主神ウォーデン(Woden)、ウォータン、ヴォータン、オーディーン(英語)など。なんで「ウェンズデー」に「d」の字が入るのか子供のころ疑問だったが、これで納得。
 「Thursday」 は雷神トール(Thor)。ドイツ語ではドンナーと呼ばれ、『ラインの黄金』 にウォータンの勇ましい弟として登場。
 「Friday」 は美の神フレイヤ(Freyja)。『ラインの黄金』 ではフライア。ウォータンの妻フリッカの美しい妹として、各族が奪い合う。

 なおSunday, Monday, Saturdayは、日本語と同じく太陽・月・土星(サターン)に由来。



 CDは、ジェームズ・レヴァイン指揮・メトロポリタン歌劇場の盤を愛聴しています。(上の写真)
 「レヴァイン&メト」 といえば、豪華演出の映像つきで見てナンボ、というイメージがあったのですが、いやいや、音だけでも堂々風格にあふれていて立派立派。 何より、歴代の巨匠の演奏より音がいいのが素晴らしいではありませんか。 1987~89年、デジタル録音。


 ・・・ところで来たる10月10日、今度はイタリアのオペラ王ヴェルディの生誕200年ですね。 木曜日はファルスタッフを聴きます。

 
関連記事
00:13  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop