FC2ブログ

【クラシック音楽】 2015.10.13 (Tue)

シャンパン・バッハ

12754122934c053f454c6bc_import.jpg

J・S・バッハ 『ブランデンブルク協奏曲 第1~6番』
J・F・パイヤール指揮 パイヤール室内管弦楽団 (1973年 DENON)



明るく華やかな雰囲気。耳なじみのあるメロディも多いので、日常のBGMとして最適。

バッハの人気作なので、本場ドイツの名手たちが残した名演も数多いのだが、

ぼくはフランス代表、ジャン=フランソワ・パイヤールとその楽団の演奏に 「一目ぼれ」。


それは、フルートのジャン=ピエール・ランパルやトランペットのモーリス・アンドレといった、

まさに 「フランス代表」 と呼ぶにふさわしい顔ぶれ。

シャンパンの気泡がはじけるように、奏者ひとりひとりのみずみずしい個性が輝く、刺激的な演奏。

もともとイタリア的な開放感がある娯楽曲なので、むしろこっちの方があるべき姿なのかもしれない。

おかげでぼくは、ドイツ勢のお堅い演奏が聴けなくなった。


このパイヤール版、現在は第2・3・4・5番を収録した1枚(写真)がよく店に並んでいるが、

ぼくは全曲をそろえたいため、街中の中古CD店を回って、全曲盤2枚を探し出した。

幸い、さほど苦もなく見つかったのだが、それでもハッピーな一日だったことを覚えている。


なお、'91年にメンバーを代えて再録音しているが、こっちはマジメにやろうとして逆効果、

まったく面白みに欠けていた。

おすすめは“1973年”版であることを強調しておきます。

 
関連記事
21:52  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop