FC2ブログ

【この本!】 2006.09.22 (Fri)

ぜったい曹操派!

LOVE悪役ランキング第3位.曹操(『三国志』)

中国の歴史書であり、小説化されて広く親しまれている『三国志』。その壮大な物語の中心となる最大の英雄。

卑弥呼の邪馬台国について記した『魏志倭人伝』でおなじみの、魏王朝の礎を築く。


物語の世界では冷酷な悪役だが、実在の人物像はドライな現実主義者。人徳を重視する東洋の伝統からは外れるが、

しがらみにとらわれず、優れた人材や政策を合理的に運営する手法は、むしろ現代的。

ぼくは保守的でナニワ節かたぎの 「善玉」 劉備や諸葛孔明より、だんぜん曹操派。

彼の部下の司馬懿(仲達)も好き。


もし日本でドラマ化するとしたら、田村正和さんをキャスティングしたい。

一時代を成すほど詩作に秀でた曹操は、いわゆるイカツい英雄像とはかけ離れていた。

むしろ、大笑いして目の前の皿に顔を突っ込んだという、軽いノリを備えた人。

『古畑任三郎』でのスマートな所作と抜群の頭脳、その一方で西村雅彦さん演じる部下をイジメたおすキャラクターは、

現代の曹操像としてピッタリではないだろうか。


ところで、よく「諸葛亮孔明」とか「曹操孟徳」などと書く人がいるが、名の“亮”や“操”と、字の“孔明”や“孟徳”は併記しない。

「北野ビート武」「久本雅美マチャミ」と呼ぶくらい不自然だ。

「諸葛亮、字は孔明」とことわりを入れるか、いっそ「諸葛亮」「諸葛孔明」どちらかで通すといさぎよい。


しかし実際は、けっこう名の通った書き手でも、「諸葛亮孔明」って平気でやってる。

こういう教養は、もはや受け継がれていかないのだろうか。
 
関連記事
22:51  |  この本!  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/647-386985fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop