FC2ブログ

【エンタメ&テレビ】 2006.11.30 (Thu)

ウルトラマンと実相寺昭雄監督

 
映画監督の実相寺昭雄さんが亡くなりました。

映画 『帝都物語』 『姑獲鳥の夏』 が知られていますが、やはり実相寺昭雄といえば 『ウルトラマン』 の演出。


同胞を倒さなければならない隊員の苦悩を描いた怪獣ジャミラの回(第23話 『故郷は地球』)や、

ハヤタ隊員がカレースプーンで変身しようとする珍場面で有名な、怪獣スカイドンの回(第34話 『空の贈り物』)。

奇抜な構図や視覚効果で、不条理かつ幻想的な映像美を表現。

脚本の佐々木守さんとの名コンビで、数々の名作を残しました。

(モロボシ・ダン隊員とメトロン星人がちゃぶ台をはさんで議論する 『ウルトラセブン』 の話もそう)


平成に入って作られた 『ウルトラマン・ティガ』 でも、ゲスト監督として特別に演出。

その日の新聞のテレビ欄の副題には、“○○星人登場!”でも“主演・長野博”でもなく、

ただ“実相寺昭雄監督”とだけ書かれていたのを見つけて驚きました。

分かる人には分かるんです。『ウルトラマン』シリーズにおける“実相寺昭雄”という名前の重さと大きさが。

ぼくはさすがにウルトラマンを卒業した歳でしたが、作り手の心憎い計らいに、一も二もなく飛びつきました。


そこで圧巻だったのが、ウルトラマンと怪獣の格闘シーン。

芝居の舞台を模したセットに桜吹雪を散らせ、歌舞伎の大立ち回りのように切り結ぶスタイリッシュな演出。

ぼくはいちいち叫び声を上げながら、その夢幻の世界に魅入ったものです。

果たして子供たちが喜んだかどうかは知ったこっちゃありません。

この日の実相寺ワールドは、「元少年」 たちへのプレゼント。 まさに一期一会の再会でした。


映画にドラマにCMと、ひと目見ればすぐ分かる実相寺昭雄の映像美学。

さようなら、どうぞお安らかに。しかしあなたが残した宇宙は永遠です。

 
関連記事
21:52  |  エンタメ&テレビ  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/593-8d3071e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop