FC2ブログ

【クラシック音楽】 2006.12.29 (Fri)

フルトヴェングラーの『第九』

12754111914c053af719cd1_import.jpg


1951年、ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、バイロイト祝祭劇場管弦楽団
ベートーヴェン 『交響曲第9番《合唱》』



ぼくは、「最高傑作」とか「感動の名作」という触れこみには簡単に乗っからないと自負しているのですが、

この「歴史的名演」「不朽の名盤」にだけは腰を抜かしました。


1951年、ドイツを代表する国民的行事“バイロイト音楽祭”が復活、その初日を飾った記念すべき演奏。

廃墟の中から戦後復興を果たした、ドイツ版「もはや戦後ではない」宣言。

だから意気込みが並大抵ではない。


フルトヴェングラーの指揮は、棒の先が小刻みにブレて分かりづらいことで知られている。

彼にとって、チマチマしたアンサンブルなど どうでもいいのだ。とにかく燃えて燃えて、燃え尽きるまで。

そんな炎の皇帝は、合唱団に肺の酸素がなくなるまで声を出すことを要求。

いっさいの余力を許さない。だから最後のほうになると、オケもバテてヘロヘロ、まともな音が出ていない。

とにかく満ちあふれる人間の熱気とエネルギー。これを「完全燃焼」と言わずして、何を「完全燃焼」と言う!?


そしてムチャクチャに沸騰したテンションの中、唐突に、バッサリと最後の一音を閉じる。

初めて聴いたぼくは圧倒されて茫然自失、しばらく動けませんでした。



・・・そもそも、一音楽作品というより、人類共通の魂の宣言というべき 『第九』は、毎日聴くような曲じゃない。

年末に一度でも、多すぎるかも。

(ただ、「年末に『第九』」という日本独特の風習を、苦々しく思う人も多いが、ぼくは目くじらを立てるほどでもないと思う。それで楽しめるならそれでいい。)

こういう時代の節目節目に、すばらしい演奏と出会えればいいと思っています。


特にこのフルトヴェングラー版は、一期一会の感動を大切にしたいので、これまで3回くらいしか聴いていません。

一度聴いたらCDを割って捨てるくらいの覚悟があっていい。


「はじめての『第九』」として聴くにはヘビーすぎるのですが、ちょっと誰かに盛ってみたくなる、

猛毒の誘惑にかられています。

それくらい、「歴史的名演」「不朽の名盤」の評価はダテじゃない、とうならされました。

 
関連記事
00:02  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop