FC2ブログ

【日本映画】 2010.02.17 (Wed)

ポニョと未来少年コナン

 
 先日の金曜ロードショーで、宮崎駿監督の 『崖の上のポニョ』 を初めて見ました。
 ポニョが男の子と再会するまで1時間。 前半はざっくりと 「飛ばし見」 しましたが、その後のささやかな冒険は、子供の絵のようにあざやかな原色づかいと描線・・・。子供らしい夢があってよかった。

 いっぽう、関東ローカル局の東京MXテレビでは、宮崎の初監督作 『未来少年コナン(再)』 が最終回でした。
 温かさと冷たさが同居する宮崎メカの造形や、海底に沈んだ都市文明のスケール感、快男児コナンの疾走感・躍動感など、こちらもアニメ表現はほんとうに素晴らしい。
 コナンが塔から飛び降りる名シーン、足がしびれただけで済ませるあの説得力にはまったく脱帽です。作り手に本物の力がないと絶対にできない。

 しかし、ヒロインのラナのキャラクターは「待ってるだけ」「助けてもらうだけ」「運命に流されるだけ」で、つくづくつまらなかった。 これでプラスマイナス・ゼロ。
 このラナやクラリス (『ルパンのカリオストロ』) のような受け身のお姫様キャラがいる一方で、『ナウシカ』 や 『もののけ姫』 のように現実離れした戦うヒロイン・・・、ぼくはそんなオジサン趣味・オジサン幻想の 「宮崎駿的女性観」 とはまったく肌が合いません。 悪女役のモンスリーやテラ(オーロの妹)のほうがずっと、血のかよった人間味を感じる。

 ・・・で、ふたたび 『ポニョ』 ですが、ポニョのお父さん役の所ジョージさんが力不足だった。『トトロ』 の父役・糸井重里さんと双璧。 かたき役のキャラクターとしても中途半端。
 宮崎監督の女性観が未熟なのは、自身の 「父性」 が未熟だからでは? という結論にいたりました。

 宮崎監督には、脚本には手を出さないでアニメの現場に専念してくれれば、もっと尊敬できるのになあ。ついでに芸能人の声優起用や、日テレおよび鈴木敏夫プロデューサーの商業主義に頼らないところで、宮崎駿作品の等身大の真価に触れてみたいものです。
 事実、『ポニョ』 で一番の話題は、作品そのものではなく 大橋のぞみ ちゃんの主題歌なんですもんね。

 

関連記事
20:09  |  日本映画  |  TB(0)  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■Re: ポニョと未来少年コナン

ずいぶん、前の記事なのに失礼します。
コナン、大好きでした。コナンが子どもなのに、強すぎるところが好きですね。ラナのことは無視してました。(笑)
piano |  2016.08.19(金) 12:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/46-81d61bf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop