FC2ブログ

【JAZZ】 2007.07.16 (Mon)

ステファン・グラッペリ~なんにもない休日のジャズ

12754092934c05338d28a69_import.jpg
(・・・廃盤だと!?)


ステファン・グラッペリ(vi)、マッコイ・タイナー(p) 『時さえ忘れて』 (1990)


台風に地震に参院選挙戦と、日本列島が揺れに揺れた中、わが家はなぁ~んもない連休でした。

湿気とりのエアコンがきいた部屋で、地味~にテレビ見たり掃除したり。

最大のニュースは、歯ブラシでぐりっとやってしまった口内炎くらいです。


そんな暇な休日のしめくくりに、ステファン・グラッペリ (1908-97) のジャズを聴きました。

ジャズ・ヴァイオリンの第一人者にして、フランスのおしゃれなおじいちゃん。

魂だの芸術だのとは無縁の、肩のこらない軽快なヴァイオリンは、たとえば穏やかな昼下がりなんかにぴったり。


ぼくが持っているこのCDも、M・タイナーとのシンプルなデュオなので耳の邪魔にならないし、

『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』 『サマータイム』 『アイ・ガット・リズム』 といった有名曲ばかりなので聴きやすい。

こういう気軽な演奏のCDは、知ってる曲が多い方がいい。


眠れぬ夜をすごす新潟の人たちにも、ぜひ聴かせてあげたいものです。


Amazonサンプル試聴ページへ

 
関連記事
23:44  |  JAZZ  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/423-01b504d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop