FC2ブログ

【日本映画】 2007.09.07 (Fri)

黒澤明 『羅生門』

 シリーズ宮川一夫③/黒澤明監督 『羅生門』

12754089324c05322403db9_import.jpg


 日本映画史を代表する名作とされる黒澤明監督の 『羅生門』

 あいつぐ戦乱で荒れ果てた京の都。
 ある殺人事件をめぐる、四者四様のエゴに満ちた証言。
 はからずも暴かれていく人間の醜さ、あさましさ・・・。


 ぼくは本作を観るにつけ、ストーリー同様、作品への思いが二転三転してしまう複雑な気持ちになります。



 1.ある宮川一夫ファンの感想                                        

 特筆すべきは、日本映画史上最高の撮影カメラマン宮川一夫によるモノクロ映像の力。
 ギラついた白黒のコントラストが生々しく強烈。彼が残した伝説的な名アイディアの数々も有名だ(下記)。 後の傑作 『用心棒』 でも黒澤と組む宮川だが、黒澤も認めたとおり本作のMVPは間違いなく宮川だろう。 (宮川はヴェネチア金賞の「ごほうび」として、作中の羅生門の看板を譲り受けたのだとか。)



 2.(巫女の口を借りたる)公開当時の日本人の感想                          

 しかし公開当時の日本では、中間色をはぶいた白黒両極端の映像は、「戦前風で時代おくれ」と思われたとか。
 黒澤と宮川はあえて 「戦前ふう」 の懐古趣味を狙ったのだそうだが、敗戦からわずか5年、世間の 「戦前アレルギー」 は相当なものだったことは想像に難くない。
 また、黒澤作品の常として録音音声は最悪だし、深いとされる人間ドラマも、見せ方は斬新だけど娯楽ミステリーの範囲内。
 外国人や現代日本人にはどうあれ、時代劇には目が肥えた当時の観客から支持されなかったのも、いま冷静に見れば理解できます。



 3.ある「アンチ羅生門」派の苦言                                      

 さらに言えば、日本映画初の“ヴェネチア映画祭・金獅子賞”という肩書きが独り歩きしすぎ。
 黒澤その人や日本映画が「国際映画賞コンプレックス」に染まってしまう第1歩になってしまった。



 4.ある『羅生門』ファンが出した結論                                   

 とはいえ、黒澤・宮川らの優れた手腕は、今さらおとしめられるものでもない。高いレベルで評価されるべき作品であることは間違いないでしょう。
 『羅生門』 は、日本映画が 「崇高な芸術」 と認められた最初の作品だが、むしろ作り手たちの 「等身大の職人技」 を愛でてあげたい・・・
 ・・・いや、もっと肩の力を抜いて娯楽ミステリーとして楽しみたい。そうあってほしい映画です。



 『羅生門 (1950大映)』

 監督/黒澤明
 脚本/黒澤明、橋本忍
 原作/芥川龍之介 『藪の中』 『羅生門』
 撮影/宮川一夫
 音楽/早坂文雄

 主演/三船敏郎、京マチ子、森雅之、志村喬

 ≪あらすじ≫
 相次ぐ戦乱で荒廃した京の都・羅生門。ひとりの木こり(志村)が、謎に満ちたある殺人事件の経緯を語りだす――
 ――名うての盗賊・多襄丸(三船)は、旅の侍夫婦・真砂(京)の美しさに魅かれ、その夫・武弘(森)を殺して真砂をものにする。しかし裁きの場で、多襄丸、真砂、さらに霊媒師を介した武弘の霊の証言はことごとく食い違いをみせる。
 それぞれが自身を美化し、都合のいいように語られる証言。果たして事件の真相はどこにあるのか?

 ≪みどころ≫
 ひとつの物語を、登場人物の証言ごとに異なる演技とストーリーで再構成する手法は、「ラショウモン・スタイル」などと呼ばれている。
 太陽光を直接カメラに収めたり、森の中をカメラが縦横無尽に動いたり、雨に墨汁を混ぜたりと、黒澤の要求をさらに膨らませて具体化した名カメラマン・宮川一夫の伝説的アイディアが光る。




 5.ある芥川ファンの感想                                           

 芥川の原作 『藪の中』 にはない、4人目きこりの視点が新たに加えられた。おおむねこれが真相と見ていいだろう。(ただし、そこでも木こりのエゴが暴かれるが・・・。)
 そのエゴを贖罪するラストシーンが理想主義的すぎるという声もあるが、本編の話法が凝りに凝っているだけに、これ以上 奇をてらう必要はないと思う。
 丸くおさまって良し、くらいでいい。それよりこのラスト、宮川の完璧なカメラワークに刮目あれ!

 
関連記事
19:38  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop