FC2ブログ

【 実録!ことわざ辞典】 2007.09.28 (Fri)

情けは人のためならず 【なさけはひとのためならず】

 

 情けは人のためならず 【なさけはひとのためならず】
人に情けをかければ、いずれ自分にもその恩恵がめぐってくる。決して他人のためだけではない。
(なお、「その人のためにならないから、情けをかけない方がよい」という解釈は間違い。)



帰宅の途中、そばを歩いていた女の人が、ヒールを折ってしまいました。

ちょうどぼくは、近くに靴屋さんを知っていたので、そっと教えてあげて立ち去りました。

相手は恥ずかしそうにうろたえていたので、あくまでさりげなく。


人に親切すると気持ちがいいものです。

少しいい気分で電車に乗ったら、隣に立っていた別の女性のヒールで足を踏まれました。

上斜めの角度からくりくりっと。

痛くはなかったけど、このクツ高っいんだぞ~!

でも、相手は申し訳なさそうに平謝りしていたので、あくまでさりげなく…


…って、ぜんぜんめぐってきてないじゃん。

まぁ、人生ってこんなもんです。

 
関連記事
00:31  |  実録!ことわざ辞典  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop