FC2ブログ

【このアート!】 2008.04.26 (Sat)

ルノワール+ルノワール展

12754078834c052e0b2b2e9_import.jpg
『ぶらんこ』(公式HPより参考として)

 東京渋谷 Bunkamura の 『ルノワール+ルノワール展』 に行ってきました。

 「印象派絵画」でも明るくオーソドックスな画風だった父オーギュストと、「ネオ・レアリスモ映画」に発する先鋭的な社会派映画監督だった息子ジャン。親子とはいえ作風が違いすぎて、企画として「どうだかなあ…?」という感じが否めず、今まで足を遠ざけていました。

 ジャンの映画作品は『大いなる幻影』 『黄金の馬車』 ほか代表作をいくつか観た程度ですが、父の絵画から触発されたという映像作品の展示などは、無理やり父子の共通点をこじつけているよう。思想の本質より娯楽性に傾いた『その時歴史が動いた』や『ダ・ヴィンチ・コード』に近い。
 ただ会場の雰囲気や坂本龍一さんのテーマ音楽はしゃれているので、美術展のムードにふれる入門編としては恰好の演出。そう割り切って楽しんできました。

 何より父オーギュストの絵画展としてだけでも見ごたえ十分。愛らしいことこの上ない人気作 『ぶらんこ』、ぼくも大好きな作品を生で見ることができたのが一番の収穫 (青リボンのドレスのリカちゃん人形グッズ、ちょっとほしかった)。
 また、幼少期のジャンの肖像画も見たかった一枚。もっさりとしたオッサン期のジャンを知っているので、女の子のようにかわいかった一連のジャン画を観るたびに苦笑してしまいます。

 次はもっとまともな照明・演出のもとで観たいというのが本音ですが、なんだかんだ言いながらいいリフレッシュになった一日でした。

 
関連記事
16:15  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop