FC2ブログ

【このアート!】 2008.05.27 (Tue)

東大寺の四天王

12754077274c052d6f697be_import.png
広目天(参考)


奈良・仏像めぐりの旅、最後はいよいよ東大寺の四天王と何度目かの再会です。

東の法華堂から西の戒壇院へと、広い広い東大寺を横断。

中央に鎮座まします大仏さんには目もくれず、1km弱を7分で突っ切りました。


東大寺戒壇院 『四天王像』

奈良時代、天平文化を代表する傑作中の傑作。

木彫りや鋳造より自由度が高い、「塑造」 と呼ばれる粘土作り。まるで生きているかのようにリアルな肉づき。


黎明期の飛鳥・白鳳時代と 「ロマン派」 の平安時代にはさまれた奈良・天平の仏は、

「古典」として完成された普遍の美。 ベ-トーヴェンの交響曲がぴったり合いそう。


重厚な甲冑に身を固めた威圧感たっぷりの 「持国天」 は、有名な第5番 『運命』 の第1楽章。

感情を殺して静かに宝塔を掲げた 「多聞天」 は、第3番 『英雄』 の第2楽章 「葬送行進曲」。

筆を携えて遠くを見すえる哲学的な 「広目天」 は、第7番の沈鬱な第2楽章。

まなじりを決して敵を恫喝する憤怒の 「増長天」 は、第6番 『田園』 より嵐の第4楽章。



その近寄りがたい厳しい表情、一分のスキも無駄もないたたずまいは、

相次ぐ天変地異など国情不安に見舞われ、お世辞にも 「花の都」 とは言いがたかった平城京の、

のっぴきならない人心を反映しているかのようです。

曇り日の夕暮れ前、堂内に差した灰色の光が、厳粛な雰囲気をいっそう盛り上げてくれました。


・・・こうして、分刻みで練り上げた強行スケジュールも滞りなく終了。

帰りは近鉄奈良駅まで、奈良公園の杜を歩きました。今度は1km弱をゆっくりと。

久しぶりに精神集中したので、いくらか疲れました。

エキナカのカフェで頼んだ、普段は食べないケーキが特別おいしかったです。

 
関連記事
00:41  |  このアート!  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/314-bdb405b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop