FC2ブログ

【アメリカ映画】 2008.07.02 (Wed)

『あなただけ今晩は』~それはまた別の話

あなただけ今晩は


 コメディ映画の名匠ビリー・ワイルダー監督(1906-2002)といえば、アカデミー賞を獲った社会派コメディ 『アパートの鍵貸します('60米)』 が有名ですが、ぼくは 『七年目の浮気('55)』 や 『お熱いのがお好き('59)』 のような、ナンセンスなドタバタ喜劇のほうがずっと好みです。

 クソまじめな主人公が、ホレた女をなんとか夜の商売から足を洗わせようと奮闘する 『あなただけ今晩は』 (1963米)もそのひとつ。
 主演はジャック・レモンシャーリー・マクレーン。愛嬌あふれるさすがの名コンビなのですが、むしろ、ピンチの主人公をなにかと助けるカフェのマスター (ルー・ジャコビ) のキャラが最高!

 起死回生の名案をひねり出しては、

  「じつは軍で大佐を・・・」
  「じつはイギリス王室の顧問弁護士で・・・」
  「じつはシュバイツァー博士の下で・・・」

 などとものすごい経歴を明かし、

  「・・・それはまた別の話 (That's another story)」

 と、はぐらかすナゾの !? 紳士。なんとも強引で都合がよすぎるキャラクターですが、そこがギャグっぽくておかしい!


 このマスターの決めゼリフ 「それはまた別の話」 は、三谷幸喜作のTVドラマ 『王様のレストラン』 にも引用されて有名ですね (最終回のラストには三谷さん自身がX卿に扮して特別出演)。 それに舞台劇 『巌流島』 での、武蔵と小次郎のイザコザをまとめる宿屋の主人(小野武彦)が、まさにこのマスター。
 「じつは伊賀で忍びの修行を…」
 三谷さんがいかにワイルダー信者かが分かります。それはさておき・・・

 手持ちのWOWOW録画ビデオ (ソフト版・石田泰子訳) では「余談だが」 と訳されており、字幕では面白さ半減なのが残念 (NHK版・三井章子訳の字幕はよかった)。
 聞けば、愛川欽也 (知る人ぞ知るJ・レモン役の名声優)&小原乃梨子 (のび太・ドロンジョ様) さんの吹き替え版は、名人芸の面白さなのだとか。こういう「声の遺産」は、DVDにも収録すべき! 権利うんぬんより、やる気の問題だと思う。

 
関連記事
23:44  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop