FC2ブログ

【  ゴーヤ絵にっき】 2008.07.06 (Sun)

ゴーヤで七夕

12754075044c052c9048738_import.png


5月のはじめに種をまいて約2ヶ月、今年もゴーヤの花が咲きました。

花粉のついた 「お花」 を摘み取って、お尻にゴーヤの赤ちゃんをつけた 「め花」 に受粉。

うまくいけば2週間後に収穫です。


ベランダの一角に張ったネットは、下半分が早くもジャングル状態です。

手のひら大の葉っぱからは、ゴーヤの苦くさわやかな香り。


この無尽蔵に増殖する葉っぱ、何かに使えんものだろうか。

天ぷらに? 煎じてお茶に? お風呂に入れたら・・・くさそう。

・・・そうだ、願いごとを書いて七夕飾りに。


元 「悪徳ゴーヤ商人」 としては、葉っぱに 「1まんえん」 と書いて偽造小切手にしたところですが、

もはや去年までのぼくとは違います。

今しばらくは、ベランダの 「お花」 と 「め花」 を結ぶ、ゴーヤ天の川の渡し守です。


 ≪メモ≫
 たいていは風や虫が自然受粉してくれるが、心配なら人工授粉を。(暑い昼間は避け、朝の新鮮な花粉を。)

 放っておくと、じゃんじゃんツルが分岐。しかし、余計なツルの先端を摘んで成長を止める 「摘心(てきしん)」 をしないと、栄養が分散してうまく「め花」が咲かない。太く健康的なツル以外は全部プッチンしよう (※ここでいう「ツル」とは「茎」のこと。巻き毛のヒゲではありません)。
 ゴーヤは、親ツルより子ツル・孫ツルのほうが実がなりやすい。

 花粉をつけた雄花はさわやかな香り。雄花ばかり咲くツルもある??


 
関連記事
00:25  |    ゴーヤ絵にっき  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop