FC2ブログ

【 実録!ことわざ辞典】 2008.07.10 (Thu)

朝三暮四 【ちょうさんぼし】

 

 朝三暮四 【ちょうさんぼし】
 目先のうまい話に惑わされて、じつは何の利益も得ていないこと。
 猿を飼っている男が、エサの木の実を 「朝に3つ、暮れに4つ」 与えようとしたら猿たちは怒ったが、「朝に4つ、暮れに3つ」 にしたら猿たちは喜んだことから。『荘子』『列子』より。



 職場の同僚が、タウン誌についていたクーポン券を持ってきました。

 近くのレストランで、「3000円相当のランチが今なら1000円」なのだとか。

 これはお買い得。同僚4人、喜び勇んでわいわい乗り込みました。


 手長エビがまるごと1匹入った地中海風のごった煮。フランスパンは食べ放題。

 小さいながらもヒレ・ステーキまでついていました。


 いやぁ~、得した得した。これで3000円が1000円とは。

 いい気分なので、4人全員のぶんを ドドンとおごってあげました。われながら太っ腹~!


 いやぁ~、浮いたお金で何しようかな~♪

 ・・・あれ?

 
関連記事
00:52  |  実録!ことわざ辞典  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop