FC2ブログ

【『ガラスの仮面』全巻】 2019.06.18 (Tue)

ガラスの仮面第7巻≪舞台あらし≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第7巻 「舞台あらし(1)」
 ・・・引き続きマヤの栄進座出演(『おんな河』たず役)と、亜弓の『王様とこじき』公演。マヤは天性の無邪気さで年配客を、亜弓はアドリブを交えた多彩な演技で子供たちの心をそれぞれ虜にしていく(第6巻)。
ガラスの仮面~マヤ(白目・光)
「元の絵はこの記事…!」

 【栄進座出演】

 マヤ、背負った赤子人形の首がもげるというライバルのいやがらせも、何食わぬ笑顔でみごとに切り抜けてみせる。あたたかい喝采に包まれる劇場。しかし座長・原田菊子の厳しい目は、マヤが主役の演技を食ってしまう 「舞台あらし」 であることを見抜くのだった。(原田「あの子…こわい子ね…」 月影「まあね…」
 以後、栄進座から音沙汰はなく、アルバイトで赴いた大学の演劇サークルからも才能を妬まれてお払い箱になってしまう(園児を相手に即興ひとり芝居の『白雪姫』)。


 共演者を食ってしまう「舞台荒らし」…。マヤの才能が向かうところ敵なしだからこそ、重大な欠陥となることが明らかに。その理詰めの展開にやられた。巧い、巧すぎる!



 【『嵐が丘』 公演】

 マヤ、夏江梨子主演の舞台 『嵐が丘(E・ブロンテ作)』 の審査テストに参加。東洋劇場会長の肝いりで、本命候補の絵島由紀らを差し置いて主人公キャサリンの少女時代役に大抜擢される。
 はじめは地味で不器用ながら、またたく間に役柄をつかんだマヤ迫真の表現力に、共演の「ヒースクリフ」役の真島良は演技を越えて心を奪われていく。


 仕事をなくして失意のマヤ、いかにもマンガ的な楽観思考であっけなく立ち直り(「マスターのおじさん!カフェ・オーレおかわり!」)、再び快進撃。 芝居をすれば天才的、相手役に惚れられ、BFの桜小路にはやきもちを焼かれ…と公私に充実。 少女の夢を盛りこむ読者サービスに抜かりはない。
 そんなマヤの性格を「単細胞」「お調子者」と笑う意見もあるが、だからこそ読者は楽しく安心して読み続けていられる。バブル崩壊後の作品だとだんだん先鋭化して、ここまで広く大衆の支持は得られないだろう。

 (追記…まさかその『ガラかめ』自身が、バブル崩壊後の内向的なヘリクツ物語になるとは・・・!)


今週の月影先生…病院のテレビで亜弓の演技に食い入る。もしかして亜弓も 「紅天女」 後継者
            に・・・?
今週の桜小路くん…劇中の「ヒースクリフ」にやきもち。亜弓~月影に次ぐ通算3度目くらいの
             「白目」(今はまだ1巻に1白目くらいのペース)
今週のマヤ母…久々登場するも、血を吐く。
今週の“紫のバラのひと”・・・月影の病室に毎日のように紫のバラを贈っている、と青木麗の談。


 
関連記事
23:54  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop