【ニュース&カルチャー】 2008.11.08 (Sat)

オバマ大統領誕生へ

 
アメリカ大統領選挙が終わりました。

演説の魅力で盛り上がる 「ショー」 はお開き。

バラク・オバマの真価が問われるのはこれからです。


しかしこのショーは、世界中の容赦ない視線と攻撃にさらされる、世界一過酷なショー。

そこで培われた経験は、並々ないものがあるはず。

世界のたいていのリーダーより優秀であることには違いないでしょう。

いま彼を茶化したり疑ったりする気が起きないのは、

それくらい自分自身の足もとの政治と、それを選ぶわれわれ国民の力が貧しすぎるから。



過去2回、ブッシュを支持したアメリカ国民の熱狂は明らかに間違いでしたが、

「あやまちを犯さないのが立派なのではなく、あやまちを犯したらすぐ改める…それが真の君子だ」

という教えもあります (たぶん 『論語』)。

彼らの過ちはあまりに大きく、いちど失われたイラクや地球環境は決して戻ってはきませんが、

その修正・再生能力はとてもうらやましく思います。


なお、この際 「初の黒人」 という出自にはこだわりません。

ぼくが考える究極の理想は、「全員男」 「全員白人」 でも何の文句も出ない社会。

適材適所、ほんとうにその場所にふさわしい才能であれば、人を背景で選り分ける必要はないからです。
 

関連記事
19:01  |  ニュース&カルチャー  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/244-c3f9cb9d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop