FC2ブログ

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2008.11.20 (Thu)

マケインと 『クリムゾン・タイド』


 
 先のアメリカ大統領選で敗れたジョン・マケイン候補が、敗北後の集会で映画 『クリムゾン・タイド』 ('95米) のテーマ曲 (ハンス・ジマー作曲) を流したのだそうです。

 核を搭載した原子力潜水艦の中、厳格な軍人かたぎの白人艦長と冷静で理知的な黒人副長が、核ミサイル発射の是非をめぐって対立するサスペンス・アクション。
 「叩き上げのベテラン」 ジーン・ハックマンと 「若きエリート」 デンゼル・ワシントンが、これ以上ないハマリ役の力演。なるほど、マケイン&オバマのイメージに置き換えてもぴったりですね。両タイプの対立構図はハリウッド映画の典型ですが、むしろ興味深いのは、両者の間で揺れ動く脇役たちの葛藤。これが巧かった。
 『Uボート ('81米)』 に 『レッド・オクトーバーを追え! ('90米)』 …、「潜水艦モノ」 は傑作が多いとされますが、閉塞した空間が人間関係を濃密にさせるのでしょうか。

 出動前、葉巻の煙を例に 「見えないものは信じない」 という艦長のセリフが印象的。
 戦争をおっ始めるいちばん上の人は、「見えない」 のをいいことに 「見える」 ように事実を ねつ造 するのが常ですが、それはさておきこのセリフは、そんな上の命令に忠実であるしかない職業軍人の限界も物語っています。

 監督は 『トップガン』 で有名なトニー・スコット
 兄リドリー (『エイリアン』『ブレードランナー』) をしのぐ大げさな作風にはちょっと苦笑いですが、『ザ・ファン』 とか 『エネミー・オブ・アメリカ』 とか、ぼくはけっこう好きです。本作はそんな 「男の骨太ワールド」 が見事に実を結んだ彼の最高傑作。
 だいぶ前ですが、本作をパロディにしたJRのコマーシャル (「あなたは間違っている!」) もおもしろかった。 (でも好きな人以外には何の印象も残らないタイプの広告)。

 それにしてもこの 『クリムゾン・タイド』、テレビの洋画劇場で放送しておけばタイムリーな話題になっただろうに、ぼくも含めて誰も気づかなかったんだな。マケインの自嘲気味なセルフ・パロディに一本とられた気分です。
 

関連記事
21:07  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/239-cfbb22a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop