FC2ブログ

【JAZZ】 2009.02.06 (Fri)

バド・パウエル 『クレオパトラの夢』

12754063954c05283bcb82c_import.jpg
『ジ・アメイジング・バド・パウエル VOL.5 / ザ・シーン・チェンジズ』


ジャズ・ピアノで好きな奏者といえば、1も2もなく バド・パウエル (1924-66) です。

ジャズを大楽団によるショウから、個性を競う芸術へと進化させた 「モダン・ジャズの父」 のひとり。


『ジーニアス・オブ・バド・パウエル』 ('50-51)、 『バド・パウエルの芸術』 (1947, 53)

などで聴かせる唯我独尊の超絶技巧。

そして一番好きな大傑作 『ジャズ・ジャイアント』 ('49-50) での、

濃密な緊張感に満ちた 「怒涛のリリシズム」 ときたら!


歴史の最初期の人でありながら、天才的な音楽センスとテクニックは後生の追随を許さない。

「ジャズ界のモーツァルト」 といっても過言ではありません。


そんなバド最大のヒット曲 『クレオパトラの夢』 が収録されたこの 『シーン・チェンジズ』 ('58)。

すでに麻薬や病にむしばまれ、上記の全盛期と比べるとさすがに力の衰えが目立ちますが、

それだけでは捨てがたいメロディとピアニズムの求心力。

スタイリッシュで軽快なリズムの中にも、定番ならではの味と安心感を感じさせてくれます。


ジャズ初心者向けの1枚としても有名で、ぼくもご多分にもれず 「お勉強」 として買いました。

そろそろ中級レベルくらいになった今、

得てして 「初心者向け」 はとても聴いちゃいられなくなるものですが、

この1枚は色あせることなく、何度でも手に取ってしまう魅力にあふれています。

 
関連記事
00:37  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop