FC2ブログ

【京都・奈良&和ふう】 2009.02.14 (Sat)

黄瀬戸と瀬戸黒のバレンタイン

 
美濃の 「黄瀬戸」 と 「瀬戸黒」 のコーヒー・カップを買いました。

ペアで5千円くらい。


「黄瀬戸」 は淡い土色が上品なあたたかみ。

にじませた緑のワンポイントが愛らしい。

「瀬戸黒」 はシャープでスタイリッシュな漆黒の美。

その滑らかでよどみのないツヤは、文字どおり漆塗りのよう。


もともと利休好みの渋く重厚な京都 「楽焼」 が好みなので、

織部好みのモダンな 「美濃焼」 には新鮮な刺激を感じます。


先日も、東京虎ノ門での 「瀬戸・美濃」 の陶芸展へ。

~~智美術館 『加藤唐九郎・重髙・高宏 -窯ぐれ三代』 展~~

親子3代、古陶の復元から現代的なアプローチまで、歴史の糸の 「端」 から 「端」 を伝える

充実した展示に大満足。 これはいい勉強させてもらいました。


・・・そして今、新しいカップ最初の一杯はミルクティーで。

違いのわかる上質な一杯、まるで文豪になった気分です。


「お茶」 を再開して数年。仕事の合間によく茶器のお店をのぞいていますが、

最近ようやくどこの産か分かるようになりました。

器の 「味」 が使うたびに深まっていくように、自分の眼も磨いていかないといけませんね。

 
関連記事
00:30  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/205-c4e10aa9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop