FC2ブログ

【全世界音楽】 2021.02.27 (Sat)

松本隆×筒美京平×斉藤由貴 『卒業』


斉藤由貴 『卒業』


卒業シーズンに、斉藤由貴さんのデビュー曲 『卒業』。1985年。

仲のいい男友達を少し離れて見つめる、卒業式にもどこか冷めた女の子の歌。

華々しいデビューを手がけたのは、作詞・松本隆、作曲・筒美京平というこの上ない黄金コンビ。


はしゃいだり妬いたりと、「友達以上恋人未満」 の距離感が愛おしかった教室の思い出。

自分でも気づかない無邪気さと、冷めた大人であろうとする背伸びが入り交じる年頃の、

松本隆的なやさしさと鋭さが、物語の端々にまで詰め込まれています。


筒美京平さんのメロディーもプロの技。

サビの「ああ卒業式で泣かないと」 で一番高い音が出たあとは、

うれしいのか悲しいのか判らない、どっちつかずの同じ音が連打され、(「冷たい人と言われそう」

そしてそのまま音は下がって静かに曲は終わっていく。


あのD・ホフマンの同名映画 『卒業 (1967米)』 の名ラスト、いったん頂点に達した興奮が

次第に冷めていく恋人たちの表情・・・

・・・あの荒い息づかいと将来への不安感に似ていると言ったらこじつけすぎでしょうか。


いや、'80年代の女の子はもっと大人で賢かったかもしれない。

2番詞の最後、「でも過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている」――

旅立ちの季節に涙する時代じゃなくなったんだね。

これを最後にすべり込ませた松本さんの達観には、ただ脱帽するほかありません。


黄金コンビ不朽の名曲 『木綿のハンカチーフ (1975)』 を意識した、リアルな時代の変化を

反映したアンサー・ソングであることは間違いないでしょう。


昨年末に亡くなった筒美京平さんの作品でひとつ挙げるとしたら、これかな。

日本音楽史上最大のヒットメーカーに、合掌。

 
関連記事
20:12  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop