FC2ブログ

【欧州&世界映画】 2021.01.30 (Sat)

思い出の中の『舞踏会の手帖(1937仏)』

『舞踏会の手帖』

 フランスの名匠ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の古典映画 『舞踏会の手帖』。1937年。
 秋ごろにBS放送を録画したものを、やっとこさ見終わった。

 富豪の夫を亡くした若く美しい未亡人が、古い「舞踏会の手帖」をたよりに少女時代の恋人たちを再訪してまわる・・・
・・・という、相手側にしたらはっきり言って迷惑この上ないお話。


 案の定、「思い出は美化される」とのセリフにあるとおり、彼女は男たちのさまざまな人生の現実や残酷を目の当たりにする。それでも彼女は、生きる目的をなくした「自分のため」だけに、懲りずに次の相手を訪ねてまわるのだ。あの日の舞踏会で彼らを次々と袖にしたように。

 ただしこれは、ヒロインの問題というより、ご丁寧にもヒロインを受け入れ続ける相手の男たち――作り手の男たちの願望なんだろう。あの日のマドンナともう一度会いたい、会いに来てほしい・・・ただし若く美しいままで!
 これが男女の立場が逆だったら、もっとシビアでお話にもならなかったに違いない。


 ヒロインの内面の葛藤は深みに欠け、最後のほうになるとただの傍観者でしかなくなり、彼女なしでお話が進みだす有様。
 セリフや映像ひとつひとつは美しいが、都合が良すぎる展開や人物の動線に無頓着な編集など、作品全体としてはまったくリアリティに欠けるおとぎ話だった。

 ずいぶん昔に観てあまり惹かれなかった記憶だけあったのだが、それは今回も変わらなかった。
 心の中にしまっておけばまだマシだっただろう。それでもぼくの思い出めぐりは続くしかないようだ。

 
関連記事
23:32  |  欧州&世界映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop