FC2ブログ

【『ガラスの仮面』全巻】 2020.11.05 (Thu)

ガラスの仮面第30巻≪鷹宮紫織登場≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第30巻 ≪紫の影 (3)≫

ガラスの仮面~マヤ(白目・光)

 【鷹宮紫織登場】

 舞台 『忘れられた荒野』 の稽古場。 演出家・黒沼の厳しさに嫌気がさして、出演者が次々と降板。さらに大沢演劇事務所はうるさい黒沼をないがしろにして、スター女優・円城寺まどか主演の 『イザドラ!』 に力を入れ始める。

 マヤ、大都芸能社で真澄の見合いの相手・鷹宮紫織と初遭遇。

 桜小路、『イザドラ!』 組から引き抜かれようとするが、毅然としてこれを拒む。(マヤ 「ジェーンをひとりにしないで…!」

 黒沼、出演者を広く一般から募集し、個性的な面々を集める。マヤたちのパワフルな稽古に圧倒される円城寺。

 ラストは真澄と紫織のチークダンス。マヤをめぐる波乱の三角関係の予感 (紫織 「わたくしの気のせいですわよね 真澄さま…!」)。


 真澄の婚約者・鷹宮紫織が顔出し初登場。円城寺まどかとは対照的な、古風なお嬢様キャラ。作者によると、わざと流行を無視して普遍性をねらったのだそう (コミックス初版はバブル流行ど真ん中の'85年1月)。
 彼女は後々ものすごい憎まれキャラに進化していくそうなので、それはとても楽しみ。「昔のオトコ」 桜小路くんには早めに退場してもらって、紫織との三角関係のほうを描いてほしいなあ。

 真澄、桜小路引き抜きを企む大沢と円城寺に マヤの輝かしい才能と経歴を語って聞かせ、「…桜小路優が選んだというのは そういう相手です」 。 ヒュー、カックイー!


≪読者のおたよりコーナー≫

「円城寺なみの猛ダンスをする紫織」
東京都/なっちゃん0904さん

 
関連記事
22:50  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop