FC2ブログ

【ニュース&カルチャー】 2020.07.14 (Tue)

放送大学の日仏交流番組


テレビジョン(10)

たまたまテレビで見たBS放送大学の番組に心打たれた。

フランスの高校生たちが、日本に体験留学する密着取材ルポ。

「たまたま」なので、番組名など詳細は分からなくてごめんなさい。


フランス側の高校は、貧しい移民家庭が主体の、お世辞にも学力が高いとは言えない学級クラス。

「個人主義」の国で育った彼らは、「集団」を重んじる日本の堅苦しいルールに戸惑いを見せる・・・

・・・が、ごもっとも。日本人はあいさつや時間のマナーだけならともかく、

シーツの折り目の方角まで(!)決めないと気が済まないらしい。


なぜ規律を重んじるのか、なぜ時間に正確なのか、なぜ清潔を心がけるのか、

ひとつひとつに論理的な説明がなされないため、ひどくバカバカしく映った。

上意下達への無批判・服従という国民性――

――日本人は相手との価値感の違いを知り、我彼の立場をすりあわせる発想がつくづく足りない。


一方で日本人とのふれあいは、フランスの若者たちに大きな刺激をもたらす。

移民出身の女子生徒のドレッドヘアーが「かっこいい」「美しい」 と目を輝かせる日本の高校生たち。

初めてそんな言葉をかけられたというフランスの女の子の、何ともいえない照れた表情・・・。


そう、「移民の子」 にとって民族のファッションは、差別の中でも自己を保つアイデンティティの象徴。

地球の裏側の人たちに自分自身を表現し、みずからの国や社会を伝えるうちに、

ドレッドヘアーであることも立派な 「フランス代表」 なんだということに気づいていく。


そんな生徒たちの心の動きを、そのつど丁寧に解説してくれたフランス側の先生には大きく教えられた。


ほか、地震や茶道の体験など。

地面が揺れたり、地震研究官の真剣な仕事ぶりは相当なカルチャーショックだったようだ。

茶道は・・・これじゃ伝わらないだろうな。チャンバラ体験のほうがずっとやさしいだろうに。


人と人との交流は、やはり遠隔操作だけでは通じあわないものがある。

必ずや病禍を克服して、自由に羽を伸ばせる世界をふたたび。

 
関連記事
19:50  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop