FC2ブログ

【クラシック音楽】 2020.02.26 (Wed)

燃えよ!クラシック熱演集


 クラシック音楽のお宝YouTube動画がたまったので、いくつか・・・。
 (例によって、人さまの著作物なので動画は貼らずにこっそりリンクだけにしときます。)



Screenshot_2020-02-26 ニュルンベルクのマイスタージンガーより第一幕への前奏曲(1)
(※サムネイル画像だけ拝借。動画は下↓のリンクから。)

 【YouTube】ニュルンベルクのマイスタージンガーより第一幕への前奏曲

 ごぞんじワーグナーの「名曲中の名曲」中の名曲。ジュゼッペ・シノーポリ指揮、ドレスデン国立歌劇場o.。1998年、サントリーホール。

 当時、(良くも悪くも)カラヤン&ベルリンフィルのようなグローバリゼーション時代に育ったぼくは、旧東独ドレスデンのこのオケのことを、「時代遅れで田舎くさい地方楽団」 という偏見の目で見ていました。同時にシノーポリのことも 「尖んがってて面倒くさいインテリ指揮者」 という色メガネで・・・。
 ・・・今は自分の不明を恥じております。明晰な指揮者と重厚なオケの濃密な緊張感と開放感! すばらしい名演です。

 このあと急逝されたシノーポリさん。今もご健在なら楽壇の勢力図も変わっていただろうに。 いちど生で聴きたかった・・・つくづく悔やまれます。




Screenshot_2020-02-26 山田一雄 マーラー「巨人」最終部分

 山田一雄指揮のマーラー『交響曲第1番』。オケは?です。

 【YouTube】山田一雄 マーラー「巨人」最終部分

 山田一雄といえば音楽の教科書にも載っていた人だけど、子供のころはピンとこなかった。むしろそういう「偉い人」扱いが嫌いだった。しかしまあ、こんなにアツいタクトさばきをする人だったのか! 今の人がやったらイヤらしいだけだけど、この熱演にはつい引き込まれてしまいました。
 久々にかっこいいジジイを見た。

 オケははっきり言って上手くありませんが、黙っていても盛り上がるマーラーの第1番。こういう「坂の上の雲」の勢いで押しまくるのも気持ちいいものです。

 ・・・ところで、YouTubeページ横の関連動画欄には、なぜか『ルパン3世』のアニメが挙がってきます。山田一雄さんとルパン「山田康雄」さん、顔も名前も似ているけど縁はないんですね?・・・ですよね?? (子供のころからずっと疑問だった!)
 

【続き・・・】


 YouTube設定を「JP」にしていると、日本関連の動画しか挙がらず、視野が狭くなってつまらない。英語設定の別ブラウザーと行き来するのが大変。
もうひとつ紹介したかったけど、そういう理由で欠番にしました。


関連記事
20:01  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop