FC2ブログ

【JAZZ】 2019.10.30 (Wed)

オーレ!コルトレーン!

J・コルトレーン『オレ!』


 ジャズの哲人ジョン・コルトレーンのアルバム、『オレ!』。1961年。
 文字通りの躍進<ジャイアント・ステップス>を果たしたアトランティック・レコード時代の、その最後を飾る作品。

 前後の作品の集大成的というか、この時期のトレーンのおいしいところを集めたような充実ぶり。単作としてはもちろん、前後を通してみるとさらに楽しい 『スターウォーズ』 の劇場第1作(エピソードⅣ)みたいな感じかな。


 まずはタイトル曲 『Ole!』。スペイン旅行の思い出を音楽にしたのだそうで、アラビアンな味付けがとにかくカッコイイ! 前年の名作 『マイ・フェイバリット・シングス』 を思わせる、モード旋法のスパイラルも心地いい事この上ない。こんな洗濯機の中でいつまでも回っていたい。
 サイドメンたちの演奏がトレーン以上に素晴らしいものだから、「クールだけど熱い」という得がたい魅力を放つ。

 2曲目の 『ダホメ・ダンス』 とは、女戦士軍団が有名だったアフリカの王国のことだそう。といってもアフリカっぽさはなくて、むしろ'50年代ハード・バップと'60年代モード・ジャズのゆるやかなブレンド。過渡期のコルトレーンの自然で無理のない等身大像をよく映している。

 3曲目の 『アイシャ』 は、翌年の人気アルバム 『バラード』 を予告させるかのような親しみやすいメロディ。
 ボーナストラックの 『To Her Ladyship』 もしっとりと大人のバラード。(契約の関係で変名を使用している)エリック・ドルフィーのフルートが全編を通じておしゃれだった。


 この頃から、マッコイ・タイナー(p)やフレディ・ハバード(tp)らひと回り下の新鋭を起用。若い彼らに自由にやらせているから、トレーン自身は円熟を増しつつも、常に次の高みをめざし続けた彼らしい、とどまることを知らない攻めの意欲を感じさせる。
 それでいて東洋哲学にも似た知的で自然体なアプローチには、あらためてうならされた。前後の大傑作群にあってセンターに立つような大作ではないけれど、ふと気づくといいなって思う、「好編」 という言葉がぴったりな一枚。


 【Amazon試聴ページ】

 
関連記事
21:56  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop