FC2ブログ

【日本映画】 2019.08.27 (Tue)

忘れられた原爆映画 『ひろしま(1953)』

『ひろしま(1953)』
(ソフト化されていないのでWikipedia内のスチール写真を拝借)

 この夏、NHKが特集していた映画 『ひろしま(1953)』。原爆の惨禍とその前後を描く、被爆からわずか8年後の作品。
 こんな映画があったなんて、不覚にもこのたび初めて知りました。ぜひ再放送してほしい。

 のべ9万人近い市民が参加したという人、人、人の映像力! それぞれの記憶と誓いを背負った人の波のうねりに圧倒。
 焼け野原を幽鬼の如くさまよう人の列、救護所の一面を埋め尽くす人の阿鼻叫喚・・・。崩落したコンクリートの建物も、当時はまだ原爆ドーム以外にも残されていた。かなた遠景まで広がる地獄絵図は、これまでなかなか真実を再現しきれなかった 「原爆映画」 の歴史を覆すだけの迫力がありました。

 ――ただし目を剥き体を揺するプロの俳優陣は演技が過剰 (重傷・大やけどを負ったらなるべく体が動かないよう、触れないよう幽霊のように歩くという)。始終かぶさる女声コーラスもお涙頂戴で鼻につく。
 死者が立ち上がるラストシーンも作為が過ぎる。制作にかける強い思いと意気込みは文句なく立派だが、肝心のプロの演出・演技のせいで、この被爆の場面は衝撃が半減した。


 ――被爆前後の物語パートも教示に富んでいました。
 『君が代』を歌いながら力尽き川に流されていく女学生たち。瓦礫の下で「軍人勅諭」を暗誦する少年。焼け出されて食うに食えない人の列の横で、なおも市民に奉国を強いる軍人の空疎な演説・・・。
 軍国主義と一体化した “平凡な” 市民生活。その洗脳と受容の根の深さには心底ぞっとさせられた。

 ラストは、被爆者の遺骨をアメリカに売って日銭を稼ぐ原爆孤児の青年。朝鮮戦争で使う爆弾工場で働くよりはましだという青年の叫びからは、「再軍備」 「逆コース」 の時代への恐怖と怒りが突き刺さりました。


 映画は日教組が企画したものを、映画界の有志が製作。
 大手映画会社は建前上 「アメリカに配慮して」 全国公開に二の足を踏み、そのまま埋もれて忘れ去られたというが、本音は戦争を否定されては困る日本人そのものの都合と利害によるのだろう。
 被爆・敗戦したそばから歴史を忘れ、被害者を口汚くなじる行為は今日まで連綿と続いている。従軍慰安婦像すら展示させない日本人に、戦争被害を語る説得力はあるのか。原爆も虐殺も性被害も、人類共通の悲劇として共感・共有できないこの国の現実に、もはや国単位でなく“横”の市民のつながりの重要性を感じました。


 『ひろしま(1953)』
 監督/関川秀雄
 出演/「…一般市民 延八万九千五百余人」
     岡田英次、月丘夢路、加藤嘉、山田五十鈴ほか


 
関連記事
21:18  |  日本映画  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■Re: 忘れられた原爆映画 『ひろしま(1953)』

この映画、歳を取っているので、子供の頃映画館で観たことがありますよ。
でも内容はすっかり忘れています。
今ことがヒロシマであったんだ! ぐらいの感想でした。
Bohken-Dankichi |  2019.09.21(土) 12:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop