FC2ブログ

【欧州&世界映画】 2019.02.08 (Fri)

『戦艦ポチョムキン(1925)』~人におすすめするにはクセが強かった動画集その1


 お気に入りのマニアックなYouTube動画を、3回に分けてご紹介。今回はその1。無断で拝借ごめんなさい。
 ⇒第2弾、“猪木問答”モノマネ
 ⇒第3弾、昭和の自治体フィルム




『戦艦ポチョムキン』 [日本語字幕]『戦艦ポチョムキン』(1925) "Battleship Potemkin" (YouTubeへ)


 “映画の神様” セルゲイ・エイゼンシュテイン監督の歴史的名作映画 『戦艦ポチョムキン』。1925年、ソ連。 (大先生をマニアック呼ばわりして、重ね重ねごめんなさい。)
 「モンタージュ(「構築」「組み立て」)」 と呼ばれる、場面場面のつながりで物語を紡いでいく映画のキホンを確立。

 映画史上伝説の名場面 「オデッサ階段」 のシーンもいいけどその前、20:00から始まる艦上の銃殺刑シーンにハラハラ!
 笑う艦長、おびえる反乱兵、うつむく他の船員たち、そして銃を構える兵、あるいは一見なんてことない事物や手元のアップなど・・・。これらの映像を計算してつなげることで、「誰が何を」の5W1Hがより感情的に劇的に伝わってくる。無表情で銃を構える兵たちは果たして引き金をひくのか!? 細かいお話は忘れていたので、今回ほんとうにドキドキした。

 また、フィルムの堅い質感やメリハリのきいた陰影もカッコいい。ぼくにとっては、エイゼンシュテインといえばモンタージュ理論よりこういう映像の質感のイメージ。
 ショスタコーヴィチ作曲の 『交響曲第5番≪革命≫』 も雰囲気にピッタリ!

 神様エイゼンシュテインをこれ以上語るほど偉くないので、今はこうやってタダでこっそり見るだけにしておきます。あの名作この名作が続々と著作権切れになって、お茶の間で手軽に楽しむことができて、いい時代になったもんだ・・・と言っていいもんだか。まあいいや。


 次回その2は、「元気ですかー!」のあの人の名場面・・・のモノマネした人。お楽しみに!


 
関連記事
19:35  |  欧州&世界映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop