FC2ブログ

【この本!】 2019.02.02 (Sat)

寒い朝の白楽天

香炉峰 - Google画像検索
(廬山 ・香炉峰)


 寒い朝に、白居易(白楽天)の漢詩をおひとつ・・・。


 日高睡足猶慵起    日は高く、睡(ねむ)りは足りているのに起きるのが慵(ものう)い。
 小閣重衾不怕寒    小さな我が家は布団を重ねれば寒さも怕(おそ)れることはない。



 寒い朝は布団から出られないのは、中国何千年だろうがいっしょ。

 題して 『香炉峰下 新卜山居 草堂初成 偶題東壁』。「香炉峰のふもとに、適地を占ってもらっていた新居が完成したので、たまたま東の壁に記しておいたもの」 といったところか。白居易が政争に巻き込まれて南方に左遷されていた時期の作。

 香炉峰は中国屈指の名勝 「廬山」 の一角をなす山。 『聖闘士星矢』ファンなら 「廬山昇龍覇!」 でおなじみの廬山です。



 遺愛寺鐘欹枕聴  遺愛寺の鐘を枕を欹(かたむけ)て聴き、
 香炉峰雪撥簾看  香炉峰の雪を簾を撥(はねあげ)て見る。

 匡廬便是逃名地  匡廬は俗世の功名を逃れるにはもってこいの地、
 司馬仍為送老官  司馬は老後を送るにはもってこいの官職だ。



 この詩の影響だろうか、「香炉峰」といえば「雪」というイメージ。漢文の教養深さで知られた清少納言が、すだれを上げる仕草で周囲をうならせたエピソードが有名です(『枕草子』)。

 「超」がつくエリート官僚だった白居易はこうやって強がりながらも、左遷の屈辱・みじめさを数々の名作にぶつけながら、やがて受け入れ達観していく。一度は中央政府に呼び寄せられながらも、みずから地方職を願い出て悠々自適の余生を送った。



 心泰身寧是帰処   心身の休まる所が帰るべきところ。
 故郷何独在長安   故郷とは長安だけをいうものではない。



 玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋が唐王朝を傾けた「安史の乱」。その後遺症も深い当時は、地方の知事に当たる「節度使」が半独立し(「藩鎮」)、それぞれ長安や洛陽に劣らぬ発展を遂げていました。白居易も、廬山や杭州・西湖など暖かい南方の奇観壮観に囲まれ、鶏口牛後を満喫したか。
 (ちなみに日本では「鳴くよウグイス平安京」が造られ、最澄・空海が唐から帰国。そろそろ遣唐使やめようかという時期。)

 たしかに、こんなとこなら左遷されてもいい。ぼくも何か悪いことしちゃおうかな。

 
関連記事
07:13  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop