FC2ブログ

【 このスポーツ!】 2009.04.17 (Fri)

イチローとジャッキー・ロビンソン

 
 アメリカ時間4月15日、メジャー・リーグのイチロー選手が、張本勲の持つ日本の最多安打記録3085本に並んだのだとか。でもイチローのことだから、それも通過点に過ぎないだろう。あっぱれ。

 それより、彼の背番号 「42」 にキョトンとなった。
 名選手ケン・グリフィー Jr. が古巣に復帰したそうだから、本来の 「51」 番を譲ったのか? (いやいや、マリナーズの元 「51」 はランディ・ジョンソンだった。)
 よくよく見れば、あっちもこっちも敵も味方も 「42」…あっ、そうか! ジャッキー・ロビンソンだ!

 第二次大戦直後、「黒人初のメジャーリーガー」 として偉大な足跡を残したジャッキー・ロビンソン。ドジャーズの背番号 「42」 は、今では全メジャー・チーム共通の永久欠番に。
 「4月15日」 は、その華やかで過酷な一歩となるメジャー・デビューの記念日だったのだ。

 当時白人至上のメジャーと分離されていた 「黒人リーグ」 の中で、単に野球の実力だけなら、伝説的大投手サチェル・ペイジらに次ぐ3番手クラスのものだったらしい (それでも第一級には違いないが。) それよりむしろ、予想される黒人差別にも耐えうる、「右の頬を打たれたら、左の頬を出せ」 という聖書の教えを身をもって実践できる人格と精神力の持ち主だった。
 しかし 「禁断」 のメジャーでただひとり、心ない差別の罵声・反感に対して沈黙を貫くのは、不本意でつらいものだったろう。それでも彼は耐え続け、ついに素晴らしい成績と不動の尊敬を獲得した。
 そしてその結果として、有色人種にもメジャーへの道が開けたのだから、現代の日本人メジャー・リーガーとも決して無縁ではない。ジャッキー・ロビンソンとはそういう選手だ。

 (イチローがそうだとは言わないが、) メジャーで食ってる日本人選手は、もっとロビンソンの功績と積極的に向き合って、広く強く発信したほうがいい。
 無知なのか?なんておとなしいんだろう。見る者に夢を与える彼らの仕事は、ただ投げて打つだけではないはずだ。日本にだって、張本勲のような被差別の歴史もあったというのに。
 

関連記事
00:07  |  このスポーツ!  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nacchann0904.blog115.fc2.com/tb.php/180-ec83a074

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop