FC2ブログ

【ニュース&カルチャー】 2018.09.07 (Fri)

行かないで、放送大学・・・

東大・安田講堂 (2)
(東京大学・安田講堂)

テレビの放送大学で『歴史からみる中国』という講座番組をやっていたので録画しました。

中国四千年の歴史を、3人の講師が10数回にわたってリレー。2013年の再放送らしい。


最初の講師は華の古代史の激動を、気候変動や農工業の変遷などの視点を交えながら読み解く。

(採れなかった作物が採れる、採れていた作物が採れなくなる、といった気候変動や環境破壊――)

単なる英雄譚に終わらせず興味深かった。

2人目、中世担当の講師はウィキペディアに載ってるレベル。これで金取られるならかなわん。

3人目、近現代担当は「自分はそう思わないが」「必ずしも成功したわけではないが」などと

中途半端な主観が一言多くて嫌味たらしかった。

そのくせ日本やイギリスなど侵略者への舌鋒はずいぶん甘いし。


放送大学はこの9月いっぱいでBS放送だけになるらしい。

ラジオのFM放送は朝の目覚ましがわりにしていたので残念です。

しゃべりの素人がボソボソ棒読みするだけなので、穏やかな目覚ましにはピッタリだったのになあ。


 いま海外の大学を先頭に、“授業”のスタイルが変わりつつあるらしい。

 教師の授業はインターネット動画にして、学生はそれを自宅で見る。学校の教室ではそれに対する宿題や質問、議論などに充てる――。

 「学校の授業は先生が一方的にしゃべるだけの居眠りタイム。家での宿題は適当にこっそり丸写し」という、今までの退屈なお勉強の風景。だったら図式・役割を逆にしたらいいじゃないかという、まさに逆転の発想。
 インターネットの導入は学校・学生にとっていくらか負担増になるかもしれませんが、高い授業料払って居眠りするよりはずっと有意義。
 日本の大学のあちこちでも講義の動画をオープンで無料配信しているので、みなさんも学問の秋にどうぞ。「OCW (オープン・コース・ウェア)」 で検索を。

 放送大学さんの棒読み講義を観ていると、彼らはこの変革の波の先頭に立てるのか、生き残れるのか。余計なお世話ながら気になっているところです。


 
関連記事
00:06  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop