【この本!】 2018.06.19 (Tue)

『星の王子さま』 が見つからない

星の王子さま(ウワバミ)
うわばみ

サン=テグジュペリの名作 『星の王子さま』 の日本語版に異変が起こっているらしい。


作品じたいはパブリック・ドメイン(著作権消滅)になって自由に出版できるようになりましたが、

この日本語タイトルの著作権は翻訳者の内藤濯(あらう)氏と岩波書店にまだ残っていて、

新訳する際には新しいタイトルをつけてほしい、とのこと。


じつは読んだことなくて、そんなえらいことになってるなんて知りませんでした。


 原題は 『Le Petit Prince』。「小さな大公」。
 英仏語の 「Prince」 はいわゆる王の子どもの 「王子」 という意味だけでなく、すでに統治している君主のことも指す (――そういえばモナコ大公もPrinceナントカと呼ばれている)。
 主人公の王子さまは小惑星B-612の君主なので、「Prince」は 「公爵(Duke)」 より上位の 「大公」 と訳すのが正しいらしい・・・



・・・と生かじりの情報。 いったいどうなるんだよ、王子さまの星!?


新訳本のようすをざっと調べてみると、TM(トレードマーク)表示をつけて拝借しているものから、

ネット図書館「青空文庫」には 『あのときの王子くん(大久保ゆう訳)』 と気合の入った新タイトルも。


内藤氏の作だと但し書きをつければ、これまでどおり使っていいとも聞く。

読んだことないとかぬかしている、このうぬぼれの飲んだくれでも知っている名タイトル、

変えるなんてなかなかできないよね。

おとなというものは、いつだってこんなものです。


星の王子さま

【続き・・・】

 

 また『少年ジャンプ』ウェブ版には、われらが漫☆画太郎先生がマンガ版を連載中・・・だったけどまたも休載。
 コミックス重版というから、人気がなくて打ち切りではないみたい。実際おもしろかったのに、そういうアナーキーな仕事態度を売りにするのはいいかげん卒業してほしい。こっちを記事のメインにしたかったけどやめました。


 
関連記事
20:45  |  この本!  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■Re: 『星の王子さま』 が見つからない

はじめまして。
ナッツと申します。

星の王子様、本は買ったけど読んでない(^^ゞ
まさかそんな事になっていたとは!
驚きでした!
教えてくださってありがとうございます。
DQ6、カノッサの屈辱、楽しく懐かしく
拝見しました。
テリーに会いたくなりました(笑)

リンクさせて頂きました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
ナッツ |  2018.06.20(水) 16:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop