FC2ブログ

【  NBA】 2018.04.15 (Sun)

NBAプレイオフ2018~ウェスト1回戦!

NBA西

 米バスケNBAは現地4月11日に公式戦が終了し、現地14日からは東西の上位各8チームずつがトーナメントで王座を争うプレイオフへ。
 備忘録程度ですが、簡単にまとめました。




 【西①ヒューストン・ロケッツ vs. ミネソタ・ティンバーウルヴス⑧】
 今季の得点王ジェームズ・ハーデン率いる超攻撃型チームに、現代最高の司令塔クリス・ポールが加入して鬼に金棒。勝率ほぼ8割で、全体2位のウォーリアーズをもぶっちぎった。しかし、分析・対策しつくされるプレイオフで水モノの長距離砲が入り続けるか、正念場はこれからだ。
 対する、弱小ウルヴスの躍進はウェスト最大のサプライズと言えるだろう。新人王コンビ、カール=アンソニー・タウンズアンドリュー・ウィギンスの成長に加え、点取り屋ジミー・バトラーや司令塔ジェフ・ティーグら頼れるベテランの補強が大成功。一時は勝率7割台の西3位にまで着けていた。強大な首位ロケッツとの差は大きいが、ツメ痕ひとつは残したい。


 【②ゴールデンステイト・ウォリアーズ vs. サンアントニオ・スパーズ⑦】
 ステフィン・カリーケヴィン・デュラントらスターが日替わりで欠場しているが、スターは掃いて捨てるほどいる現王者ウォーリアーズ。今季も勝率7割を保った。
 一方、数年来のライバルでありながら、エースのクワイ・レナードがほぼ全休するとすっかり勢いをなくしてしまった常勝スパーズ。組織型のはずが個人に頼る体質にしてしまった戦略の誤りだ。二枚看板のラマーカス・オルドリッジが孤軍奮闘しているが、とにかく点が取れない。
 この1回戦はカリーが欠場とのことだが、ウォーリアーズ優位は揺るがないだろう。


 【③ポートランド・トレイルブレイザーズ vs. ニューオーリンズ・ペリカンズ⑥】
 (上位2強以下はずっと離れて勝率5割台、2ゲーム差の中に6チームがひしめく「どんぐりの背比べ」状態――。)
 ダミアン・リラ-ドC・J・マッカラムのガードコンビが引っぱる中堅ブレイザーズと、アンソニー・デイヴィスデマーカス・カズンズ*のツインタワーが引っぱる新興ペリカンズとの対決。(*中盤戦にアキレス腱断裂で残り絶望!)
 万年挑戦者から受けて立つ立場になった勝負強いリラ-ドと、カズンズ抜きでも進化は止まらない神童デイヴィス。逆境に負けない者どうしの好勝負になりそうだ。


 【④オクラホマシティ・サンダー vs. ユタ・ジャズ⑤】
 サンダーはカーメロ・アンソニーほか(全盛期を過ぎた)スターが多く加入したが、「Mr. トリプルダブル」ラッセル・ウェストブルックのワンマンぶりは変わらず。並ぶ名前の豪華さから、もう少し上に行けると思ったファンも多いだろうが、まぁこんなものだ。
 対するは、スターに頼らない組織力でしぶとく生き残っているジャズ。何もかもが好対照な 「超攻撃vs.超守備」 対決。個人的には判官びいきでジャズがんばれ。


 一方のイーストは、大型トレードを敢行したセルティックス(⇒K・アーヴィング、東2位)とキャヴァリアーズ(⇒I・トーマス、東4位)の明暗が話題でしょうか。
 
 あと余録として――広い国土を日帰りで飛びまわっていた超過密スケジュールの緩和が進み、今シーズンはだいぶ連日連戦が減った印象。オールスター戦はシーズン3/4の時点で開催。
 そのオールスター戦は、今年は2大スターがドラフト式にメンバーを選んでチームをつくるやり方に。子供だまし感はぬぐえず――。

 次回はファイナル後にお会いしましょう! See you!


 
関連記事
16:47  |    NBA  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop