【ニュース&カルチャー】 2018.04.21 (Sat)

秀作ドキュ 『えん罪弁護士 (NHK)』

テレビジョン(10)

 このところ、社会派の優れたテレビ・ドキュメンタリー番組を観たのでいくつか――。(番組名は正確ではありませんが、ネット検索すればより詳しい情報にたどり着けるでしょう。)


 NHK 『えん罪弁護士』
 放火や痴漢容疑など、金にも名誉にもならない小さな刑事事件をあつかう異色の弁護士・今村核さんを紹介。

 戦中ではなくこの21世紀にも、警察官の決めつけと恫喝がまかり通る取り調べ。やましい事はないから大丈夫とひとたび出向けば、「自白するまで家に帰れない」という恐怖のシステム。
 「身に覚えのない痴漢に間違われたらとにかく逃げろ。捕まった時点で終わり」というどこかで聞いた不謹慎な忠告は、あながち不謹慎ではなかったのか。これではひどい目にあった肝心の被害者たちも救われないだろう。

 裁判所も同様。起訴されたら「有罪率99.9%」という恐るべき数字。
 「疑わしきは罰せず」「推定無罪」の理念の逆を行く、閉ざされた日本の司法の怠慢と変質に戦慄した。録画しておいた番組が終わってもしばらく立ち上がれなかった。

 政治家の腐敗と暴走すら止められない日本国民が、この密室の権力を正す術などあるのだろうか。市民ひとりひとりによる、地道な権力監視と発信・連携・・・。地道だがひとりひとりの不断の努力と良心が試されている。
 「民主主義は誰かが守ってくれる」 と思っている時点で、それは民主主義ではない。
 

【続き・・・】


 それでも番組は、1本の映画のようにエンタメ性にも富んでいて取っつきやすく、グイグイ引き込まれた。
 鈍感な弁護士を装っておいて、検察側が慢心したところで決定的証拠を突きつける痛快な心理戦。「監視カメラ映像では両手はふさがっているが痴漢はできる」というバカげた有罪判決を出した裁判官の意外な過去。また、変わり者とされる主人公の育ちや経歴も興味を引くことだろう。

 まるで「ダイソンなら99.9%除去」みたいな、表面だけ深刻ぶった未熟な女性ナレーターだったのがマイナス点。そういう表面的な痛快さも狙った作りなんだろうが、しっかりした演出のもとで再構成されたらまた見たい。

 
関連記事
19:56  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop