FC2ブログ

【この本!】 2018.03.06 (Tue)

巷に花粉の降るごとく、わが心にも鼻たれる

ヴェルレーヌ『言葉なき恋歌』
『ヴェルレーヌ詩集』堀口大學
きょうの一冊/『ヴェルレーヌ詩集』 堀口大學訳


いつもよりひと月遅れで花粉症がはじまりました。

昨夏の長雨のおかげで今年の花粉は少ないらしいけど、暖かくなるとそうはいきません。

あわてて薬を飲んだものの、効きはじめるまでつらかった。

薬に慣れるまで眠気や渇きの副作用もあるし。(ちょうど土日だったので峠は越えた。)


 鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)には 「効果は強いが副作用も大きい」 第1世代と、その逆の第2世代の薬がある。 「マレイン酸~」とついていたらたいがい第1世代。第2世代は「アレグラ」「アレジオン」「ザジテン」などが有名。
 なりふり構わぬ「第1世代」派としては、飲み始めの数日間はうまく副作用を管理してやりすごすほかない。



一部の市販薬は 「セルフメディケーション税制」とやらで控除の対象らしいけど、

薬代に年間12000円も使うわけないバカ健康体なのがうらめしい。

どっちつかずの寄る辺なき我が身の上を嘆きつ。


  春の日にびょろろんと鼻水の
   身にしみて干からびるにうら悲し ――(平成の)ヴェルレーヌ
 (上田敏訳)
  Les sanglots longs des violons de l'automne, blessent mon cœur d'une langueur monotone.

 
関連記事
19:11  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop