【日本映画】 2018.02.08 (Thu)

三船と黒澤(前編)~『銀嶺の果て('47)』

三船×黒澤『銀嶺の果て』


 2017~18年は、三船敏郎(1997年12月没)と黒澤明(1998年9月没)の没後20年です。
 言わずと知れた、日本映画史上最強の名コンビ。

 「東宝ニューフェイス」 第1回オーディションの場。カメラマン志望なのに俳優部門に回されてふてくされていた三船を、噂を聞きつけた黒澤が無理に合格させた、というのは有名なエピソード。そこから始まる黄金の20年余――。
 このたび、その最初の共作 『銀嶺の果て('47)』(初鑑賞)と、最後の作品となった 『赤ひげ ('65)』 を観ました。


 三船のデビュー作 『銀嶺の果て』谷口千吉監督、黒澤は脚本を担当。1947年東宝。
 豪雪の日本アルプスに逃げ込んだ銀行強盗犯たちの顛末を描くサスペンス・ドラマ。人の温かさに触れて改心する志村喬に対し、三船は最後まで欲とエゴにまみれて破滅する若い強盗犯を演じる。

 彼も監督デビューだったという谷口監督の演出は迫力満点。本当に人が飲み込まれたかのような雪崩のシーンは、演出と編集の妙。また、雪原を疾走するスキーの美しさや、志村がピストルを崖から投げ捨てる=悪と決別する場面の荘厳さ・・・。昔のスタンダードサイズの小画面ながら、雪山の魅力を余すところなく活写しています。

 黒澤の脚本も娯楽と人間ドラマに富んでいて面白かった。
 事件に巻き込まれた登山家の、山男としての矜持に胸を打たれた。これを演じる河野秋武は黒澤の最初期作品で主役級を演じた常連だったが、このあと労使紛争 「東宝争議」 に身を投じて東宝を離れ、これが最後の黒澤作品となったのは皮肉。

 ほか、後の 『ゴジラ』 音楽で有名な伊福部昭にとっても初めての映画音楽だったそうで、前衛と大衆性が見事に融合。

 そして三船敏郎。
 野獣のようにギラギラした男くささ、デビュー作からして大器の片鱗がよく指摘されているが、むしろ器用で丁寧な演技だと感じた。がさつさや不器用さなんてものはない、深く真剣に取り組んでいるのが伝わってくる。実際とても細やかで気配りの人だったという三船の人柄が垣間見えたよう。
 三船は翌'48年、黒澤監督作 『酔いどれ天使』 にも主役として抜擢され、引き続き共演したベテラン志村喬とあわせて黒澤映画の名トリオがいよいよ完成する。


 戦後20年間、黒澤明全盛期の作風をひとことで言えば、「自立した個人には別々の自我・理想・利害があり、それが対等にぶつかり合う」というドラマ。
 それは『白痴('51、ドストエフスキー原作)』 や 『蜘蛛巣城('57、シェイクスピア『マクベス』翻案)』 といった西洋文学の本質そのものであり、人間社会の無慈悲・無理解の果てにはじめて精製される人間の美しさは、『野良犬('49)』 や 『生きる('52)』、『生きものの記録('55)』 などにも通底している。最高傑作 『七人の侍('54)』 はその生々しい激突の頂点というべきもの。

 敗戦によって古い日本的価値観からの脱却が求められた時代、日本人離れした三船のスケール感は、そんな黒澤世界を120%体現するうってつけのアイコンであった。しかし日本人が 「戦争の抑圧からの解放」 にも慣れ、黒澤自身も年を取り地位を成すと、個のぶつかり合いやその醜さ美しさは迫力を欠いていく。
 続きは後日。

 
関連記事
00:12  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop