FC2ブログ

【JAZZ】 2017.12.15 (Fri)

キース・ジャレットのスタンダードなジャズをどうぞ


キース・ジャレット『still live』


クリスマスということで、現代ジャズの大御所キース・ジャレットのスタンダードな名演をお届け。

1986年、ミュンヘンでのライヴ盤 『Still Live』。日本では 『枯葉』 の副題がついているみたいです。

Amazon試聴ページ


その 『枯葉』 や 『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』 『恋に落ちたとき』 『クリフォードの想い出』 など、

親しみやすい名曲がいっぱい。 ジャズ・ビギナーにもおすすめ。

同じくスタンダード集 『星影のステラ ('85atパリ)』 のほうがよりやさしく有名かもしれませんが、

ジャズとしてのスリルや白熱はこっちのほうが好き。


中間のアドリブ部、『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』 の知的でスマートなメロディライン。

『枯葉』 の木枯らしのようなバトルと、『あなたと夜と音楽と』 の疾走感。

そして 『歌こそは君(The Song is You)』 イントロの、いかにもキースらしい色彩豊かな音の雨粒・・・。


あと、このたびGoogleで検索してたら、「キース・ジャレット 志村けん」という候補が出てきて「??」。

ブラック・ミュージックに詳しい志村さんのこと、キースもお好きなのかなと思ったら・・・

・・・ああそういう事か。すっかり忘れてて思わず吹いた。

ぼくは生キースを何度か聴いたことがありますが、例の「クネクネ」とセットで見れば、そのうち慣れます。


 『Still Live (1986)』
 My Funny Valentine/Autumn Leaves/When I Fall in Love/The Song Is You/Come Rain or Come Shine/Late Lament/You and the Night and the Music/Someday My Prince Will Come/Billie's Bounce/I Remember Clifford

 キース・ジャレット (piano)
 ゲイリー・ピーコック (bass)
 ジャック・デジョネット (drums)  (・・・'80年代から続く「キース・ジャレット・トリオ」)



 キースの目の黒いうちはともかくですが、いつかコンピューター編集で「うめき声抜き」バージョンが出たら再ブーム来るかな? アレも含めてのキース・ジャレットなんだけどね。(・・・うめき声「だけ」も出たりして。ププッ)

 
関連記事
19:42  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop