FC2ブログ

【この本!】 2017.08.29 (Tue)

恐怖!短歌で怪談!!

『怪談短歌入門』


『怪談短歌入門』 という本を読みました。雑誌の企画による、怖い短歌コンテストをまとめたもの。

東直子・佐藤弓生・石川美南著、メディアファクトリー刊、2013年。


大賞作 「あたまがころり」 のようなスプラッターあり、

「ママはきれいだ」 「貸出カード」 のようなサイコな怖ろしさもあり。

もちろん、知らない人や知らない世界に迷いこむ王道の怪談ものも。


読者が気軽に投稿した気軽な読み物ですが、

なるほど、「怪談」という縛りがありながら、かえって自由な歌が集まったという指摘が興味深かった。


ぼくは上の作品のほか、「オバQ」がよかった(第1回佳作)。

これは絵が怖いというより、本物のオバQを知ってるナミちゃんの怖さではないかな。

あと、「正しく」 刺し直す 「サボテンの針」 も不気味な怖さがありました。


各回の入選作はネットで公開されているので、(『ダ・ヴィンチニュース』サイト)

この夏最後の納涼がてら、「怪談短歌コンテスト」 で検索してみてはいかが。


↓下の 【続き…】 に、ほんのお耳汚しにぼくも2つ3つ作ってみました。R-18指定、悪趣味です。

霊的なものはピンとこないことが自分でも分かった。
 

【続き・・・】



 ごみの日にひとり さびしく置いてけぼり
  火曜にも見た かわいい手首

 きみの部屋 Googleだけは知っている
  殺したことも 成りすましたことも

 人の世の情けを嘲け笑ふ僕を
  嘆きて僕は此を打擲す



 もっといいのができたら、差し替えます。

 
関連記事
21:10  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop