【  ドラクエ6】 2018.06.25 (Mon)

ドラクエ6冒険記≪16.最終決戦!≫

⑯最終決戦
スライム(20)

 スーパーファミコン(SFC)版 『ドラゴンクエスト6/幻の大地』 の冒険記。
 今回はついに、大魔王デスタムーアとの最終決戦だ!


 【ムーアの城】
 ラストボス、大魔王デスタムーアの居城。途中に全回復ポイントあり。

 ≪デスタムーア城のおもな宝箱≫
デーモンスピア/バチテDE+99、一撃即死(メタル族には効かない)。チャモロの最強武器のひとつ。
黄金のティアラ/ミバB+45、いやな呪文にかかりにくい。女性陣の最強かぶと。
★ドラゴンのさとり/ドラゴン職になれる。本編中に計3つ手に入るほか、ボーナスゲーム時に販売。
プリンセスローブ/ミバ+85、呪文30p減。女性陣の最強装備のひとつ。
★メタルキングの剣/全員+130。多くのメンバーにとっての最強武器。

 ≪おもなモンスター落としアイテム≫
★メタルキングヘルム/主ハアテACDF+70、いやな呪文にかかりにくい。最強のかぶと。
★山彦の帽子/ミバチAE+25、呪文反復。守備力こそ平凡だが、事実上彼らの最終装備。


 ※通常戦闘後、魔物サタンジェネラルが 「メタルキングヘルム」 を、ブースカとメタルキングが 「やまびこの帽子」 をごくごくまれに落とす(ともに確率1/256)。どちらも最強最高の品なので、盗賊職を戦闘に加えて人数ぶん集めたい。恰好のレベル&熟練度上げ修行になるだろう。(※全員ぶん集めるのはほんと大変でした。) なお「メタキンヘルム」はほかに小メダル70枚景品で、「山彦」はボーナスゲームの村にひとつ宝箱である。


☆  ★  ☆


 ≪デスタムーア戦≫
 ラストボス。公式本には到達目安「Lv.41~」とあるが、もちろんもっと早くに倒せる。

 ≪第1形態:じじい型≫
HP2000。独自技「念じボール」など多彩な攻撃。(じつはSFCソフトの箱にこの姿が描かれている。)
フバーハ、真空斬り・かまいたちなどバギ系が有効。せいけん突きは効かない。

 ≪第2形態:マッチョ型≫
HP3000。しゃくねつ以外は打撃の特技。「いてつくはどう」はない。
バギ系が有効。正拳突きは100%効く。

 ≪第3形態:頭部with右手・左手≫
回復・蘇生呪文を使う 「左手⇒右手」 から倒す(各HP2000)。
ゾンビ斬り、氷系が効く。せいけん突きは両手には効くが本体には効かない。
「頭部」には打撃がない。両手を倒したらスカラよりマホカンタを。
眠らされたら「アストロン」で直る。「いてつくはどう」はハッサンの「におうだち」で仲間は回避できる。


 ※本作のラスボス、大魔王デスタムーア! 「顔だけ」「右手」「左手」がそれぞれ独立して攻めてくるというのが個性的で大迫力があった。後ろにあるのだろう実体は果たして何なのか、形に描ききれないほどの巨大さ・怪異さを想像させた。
 ただ、そもそもの存在感に欠けるので、もっと早めに物語の前面に出してほしかった。よくよく考えたら世界全体に悪さしたわけでもないし。(――だから例えば、4つの大穴を復活させられた仕返しとして、別の国々を大穴にしていくとか。)
 あと、ボーナスゲーム(次回)では情けないところを見せるため、後年ネタキャラ扱いになってしまったのは残念。

 冷戦終結、カルト宗教の暴走、年功序列制度の崩壊、ファミコン世代の大人化、戦中世代の退場など価値観や社会構成が激変した1990年代にあって、「世界征服を企む悪の帝王」 「若者にとって老人は越えるべき最大の壁」 というイメージや構図は、本作('95)くらいが最後かな。作り手も正義と悪のカタチを描きあぐねているように見える(前作『5』の中ボスに埋もれたラストボス、次作『7』の人を食ったようなオネエキャラなどなど)。



☆  ★  ☆


 ≪ゲーム・エンディング≫
 ※エンディング映像にボーナス・ゲームへのヒントが!お見逃しなく!
 「The End 」 表示が出てからオフorリセットすること! ボーナス・ゲームにつながらなくなる。


 ※すぎやま翁によるエンディング曲 『時の子守唄』 は、自作 『劇場版ガッチャマン(1978)』 からのまんま流用。テレビで映画をやっていて偶然気付いた。
 でもシリーズ白眉の素晴らしいエンディング。「仲間との永遠の別れ」という寂しい終わり方は、第1作から10余年、大人になったドラクエファンの精神年齢とも合致していて、この上なく深い余韻を残した。

 ※エピローグ部、ゼニス城のバーバラがタマゴ誕生の瞬間を見守っていることから、「バーバラはマスタードラゴンの母」説が流布しているそうだが、それは飛躍しすぎでしょう。夢世界の住人を代表して、歴史的瞬間に招かれたってことだけだと思う。(むしろ設定尻すぼみのミレーユでそういう話を作ってほしかった。)
 タマゴからあふれる光は、(物語上の未来である)前作までの「輝ける伝説」を、そして(現実の未来である)次作への「明るい展望」をストレートに連想させて良かった。



 ・・・次回はついに最終回、本編終了後の裏ダンジョンとやりこみプレイについて。
 「どんなのかしら・・・あたしたちの 未来は・・・。
  あ! 生まれるよ!」


 

【続き・・・】


 ≪外部攻略サイト≫
地図 (『D-navi』さん)
町・ダンジョン詳細 (『nJOY』さん)
入手アイテム (『D-navi』さん)
武器防具 および仲間モンスターの「ABC…」分類 (『D-navi』さん)
ちいさなメダル (『ドラクエ&パズル』さん)
キャラクターと職業 (『ドラゴンクエスト6を究める』さん)
熟練度upと地域 (『ドラクエ6極限攻略データベース』さん)


 
関連記事
23:17  |    ドラクエ6  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要/コメントは承認後に表示されます)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  あなたの編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop