【クラシック音楽】 2017.04.27 (Thu)

ホロヴィッツ plays モーツァルト

ホロヴィッツ plays モーツァルト
モーツァルト 『ピアノ協奏曲第23番(K.488)』 CD盤


20世紀を代表する偉大なピアニスト、ウラジミール・ホロヴィッツ。

ロシア⇒アメリカ好みのきらびやかな超絶テクニックを持ち味とした彼が、珍しくモーツァルトを演奏。

ずいぶん昔、NHK-BSでこの 『ピアノ協奏曲第23番』 の録音ドキュメンタリー番組を観たのですが、

その時の雷に打たれたような感動は今でも忘れられません。


  ≪Amazon試聴ページ≫


指揮はカルロ・マリア・ジュリーニ、演奏はミラノ・スカラ座o。1987年。(亡くなる2年前の84歳!)

CDはよく見かけますが、ドキュメンタリー版はVHSだけでまだDVD化されていないらしい。

ぼくはNHKでの再放送時に満を持してビデオ録画したテープを今、たまたま掘り出して観ています。


まず目をひくのが、伸ばしたり折り曲げたりと、気持ち悪いくらいの指づかい!(ほめ言葉)

「悪魔的」と形容されるのも分かる。 真似したら指の腱ブチブチ切りそうです。


そして通常より速いテンポの、いま聴いたらずいぶん奇抜なモーツァルト像。

でもこの異形さというか、唯一無二の個性と世界にこそホロヴィッツたるゆえんがあります。

この不思議な求心力と説得力は、どう説明したらいいのだろう??

やっぱり映像で見ないと伝わらないので、ぜひDVDで復刻してほしい。


ちなみに録音現場にも同席しているワンダ夫人は、大指揮者トスカニーニの娘なのは有名。

そのせいかなんかすごい貫禄感じてしまいました。

 
関連記事
18:54  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

■Re: ホロヴィッツ plays モーツァルト

今日は
コメントお許し下さい。
劇的な感動を覚えた放映でした。二女が3歳の頃です。この子が食い入るようにテレビを見ていたのが強く心に残っています。
相子 |  2017.05.15(月) 09:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する (ログイン不要)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop