【  NBA】 2017.02.26 (Sun)

NBA2016-17前半戦!

NBAロゴ
 米プロバスケNBAは、大味きわまるオールスター戦を終えて後半戦へ。日本時間2月24日にはトレード期限(デッドライン)を迎えました。簡単に前半戦をふり返ります。


 ≪優勝候補の歴代3王者≫
 一昨季の王者にして今季も大本命、ゴールデンステート・ウォーリアーズが全体首位をひた走る。昨季ほどの神がかりはないにしても、唯一の勝率8割台。
 ケヴィン・デュラントの電撃入団により、大エースのステフィン・カリーは例年よりおとなしめ。出ずっぱりで疲弊した昨季のカイゼンと言うには、ぜいたくが過ぎる戦力補強だ。
 縁の下の力持ちドレイモンド・グリーンが 「得点部門抜きのトリプルダブル達成」 という珍・快挙も、勢いに乗ってる証し。

 昨季の王者にしてイースト首位クリーヴランド・キャヴァリアーズは、3ポイント職人カイル・コーヴァーを加えたりと飽くことなくカネをばらまいているが、やっぱり“キング”レブロン・ジェームズ頼み。あれこれ口を出すレブロンを苦々しく思う声もあるようだが、この球団フロントはカネにまかせてカネ出すしか能がないということ。アメリカ型経営の嫌なほうの典型に映る。

 一方、前の前の王者サンアントニオ・スパーズは、20年来の大黒柱ティム・ダンカンが引退したものの、新世代クワイ・レナードを軸に変わらぬ強さを維持(しかも球団史上3位の成績)。経営陣およびグレッグ・ポポヴィッチ監督の長期戦略・運営はさすがとうならせている。「雇われ」経営者ではない、一時の株主・スポンサーの利益や顔色に左右されない、非アメリカ型経営のいいほうの典型だ。
 20年連続勝率5割超え(確定)はNBA新記録。今季もウォリアーズに次ぐ全体2位。



 ≪台風の目≫
 東はボストン・セルティックス(東2位)が、西はヒューストン・ロケッツ(西3位)が爆発的な超攻撃力で急浮上。アイザイア・トーマスジェームズ・ハーデンのそれぞれ両エースは、得点王レースでも2位・3位を争う。こういう攻撃偏重タイプがプレイオフでどこまでやれるかは別だが、盛り上げ役がいるのは面白い。

 得点王レースの首位を独走するのがラッセル・ウェストブルック(OKCサンダー)。連夜のトリプルダブルでアシストとリバウンド部門も2ケタ成績。かのオスカー・ロバートソン以来の「シーズン・トリプルダブル」達成なるかが期待されている。盟友デュラントを失いながらもプレイオフ出場圏内は立派だが、あまりに常識外の孤軍奮闘すぎて気の毒にすら感じる。
 (・・・先のオールスター戦では、デュラントとの久々コンビプレイを見せて一番の盛り上がりに。移籍騒動で不仲もささやかれているが、そこまで深刻じゃないのでは? ウェストブルックだっていずれ、実行力に欠く球団を出ていくかもしれないから。)

 ほか、地方小球団ユタ・ジャズの健闘も特筆もの。持ち前の堅守(失点1位)にジョージ・ヒル(ペイサーズ⇒)ら実力派が加わって、西の上位4強シードに食い込んでいる。この醜いだけの格差社会、彼らのようなチームが頑張ってほしいなあ。



 ≪大型トレード≫
 キングスの若き大黒柱デマーカス・カズンズニューオリンズ・ペリカンズにトレードされる。才能は申し分ないが公私のトラブルが多く、チームを勝たせられないタイプに見切りをつけた格好だ。
 新天地ペリカンズでは、先の地元オールスターでMVPを獲ったばかりの優等生アンソニー・デイヴィスと得点4位&5位の超強力フロントラインを結成。ただし役割の似た問題児の加入が上手くいくかは未知数。彼らが補強すべきは故障が多く不安定なバックコート陣ではなかったか。

 ほか球団史上最悪の低迷にあえぐ名門ロサンゼルス・レイカーズのリストラが加速。オーナーのバス家やGMら重役を刷新するのは当然だが、新しい球団社長がマジック・ジョンソンって。名選手は必ずしも名経営・指導者にあらず。ずっと昔の監督就任もガラじゃなかった。冷めた目で見ている。
 控え出場ながら得点リーダーのルー・ウィリアムズを放出(⇒ロケッツ)


 ・・・次は公式戦終了後、プレイオフにお会いしましょう。See you!

 
関連記事

タグ : NBA バスケットボール  テーマ : NBA  ジャンル : スポーツ

10:03  |    NBA  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop