【めざせ東大 !?】 2017.02.21 (Tue)

天才ガウスの爪の垢

ガウス肖像
Carl Friedrich Gauss(1777-1855)


 問題 「1から100までの整数をすべて足すといくつか?」


 単純な足し算なので、地道に計算していけば答えは出ます。でも――

ガウス「101×50=5050」

 図のように、端っこどうしの数字をペアにして足していけばすべて「101」。それが50続くのだから、101×50で答えは「5050」。

 ――と、暗算でもできる!

 このからくり、19世紀ドイツの大数学者フリードリヒ・ガウスは、10歳の時にもう気づいていたそうです。
 しかも「1から100まで」というのは後の伝記作家が分かりやすくアレンジしたのであって、実際はもっとむずかしい、端数から始まる計算だったとか。

 ガウスといえば、磁石の強さをあらわす単位「ガウス」になったことで有名。(ピップ・エレキバンで有名。)
 その業績は数学に物理にと多岐にわたるそうですが、何やったのかいまいち理解できないのが凡人の哀しさよ。


 ・・・その凡人、ツーンと身もだえる辛~い大根おろしを食べながら、じゃあ大根の先っちょの辛いのと、青首の甘い部分を混ぜたらちょうどいいんじゃないか――
 そんなダチョウ上島さんみたいなどうでもいい理屈に身もだえながら、人類史上に冠たる天才数学者に思いを馳せた次第です。

 
関連記事
08:39  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

*Comment

コメントを投稿する (ログイン不要)

URL  未記入でもOK
コメント
パスワード  編集・削除用。適当な文字を。
内緒  管理人だけに表示
 

▲PageTop